木乃伊(仏)を使用した俳句

木乃伊(仏)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

木乃伊(仏)を含む俳句例

姥捨や木乃伊尋ねむ月の照/言水

ミイラ展混む春陰の博物館/宮本正義

一室に木乃伊六体そぞろ寒/高澤良一

河童の木乃伊もとめん今日の海/丸石

春休み木乃伊纏ひし裂に砂/田口彌生

木乃伊取る人は帰らず閑古鳥/正岡子規

露けかり木乃伊の棺の審判図/高澤良一

蹠より冷ゆ木乃伊仏拝したり/島谷征良

王王妃ミイラとなりて夏寒く/村松紅花

木乃伊見し眼に冬海の蒼々と/福田蓼汀

夏寒く並びて夫婦ミイラあり/村松紅花

春寒く二歯か覗けり木乃伊仏/石川桂郎

木乃伊寺山毛欅の丸太の冬構/粕谷容子

春愁やミイラに履かす金の靴/池松幾生

鵙の贄ミイラとなりて忘らるる/森野経子

天行や茄子のミイラを飾り置く/永田耕衣

太陽神ラーとミイラと昼鳴く虫/高澤良一

寒がらぬ木乃伊永劫片眼なり/稲垣きくの

春愁やミイラの髪のふさふさと/吉田武子

春愁や時間を消されたるミイラ/宇咲冬男

俳句例:21句目~

木乃伊の手胸にとどかず雁渡る/大石雄鬼

水際に寝返る秋のミイラかな/増田まさみ

眠るミイラは何色金色堂発光/伊丹三樹彦

短日やミイラ見る列えんえんと/藤岡筑邨

木乃伊眼にありて桜の下をゆく/文挟夫佐恵

啓蟄やミイラの紐をほどきたし/篠崎代士子

曝さるる木乃伊の眠り文化の日/横山美代子

呼びに来て木乃伊となりぬ大夕焼/谷美佐栄

ミイラ見しひとみをよぎる夏の蝶/加藤耕子

蝶の昼槿の木乃伊になりたしや/阿波野青畝

行火守る木乃伊の婆々に冴え返る/河野静雲

みんみんや清衡ミイラふぐり持たず/岡井省二

木乃伊の亜麻布紙の類がつかぬかと/高澤良一

虫音のごと木乃伊の音声ガイド洩れ/高澤良一

ミイラ少し動いたみたい/夏の暮/高橋比呂子

春の木乃伊反りかへるジャズシンガー/石寒太

実ざくろの木乃伊めく枯れ祖父の忌よ/高澤良一

ダリヤ剪るや若きミイラと言う夫人/長谷川かな女

昨年は夏/地蔵盆会の膳に見し茄子の木乃伊/胡瓜の木乃伊/梅津英世

タイトルとURLをコピーしました