見張るを使用した俳句

見張るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

見張るを含む俳句例

祠より代田見張れる猿田彦/原裕

山門に見張りの僧やお松明/ながし

舞茸を見つけて見張る山籠/京五紅

鷹が眼を見張る山河の透き徹る/翔

硝子屋が綿雲見張る私の街/阿部完市

霜枯の一樹をたのみ見張猿/巌谷小波

山門に見張の僧やお炬火/池尾なかし

芭蕉咲く平家名残の見張台/川勝ミヨ

鷺の巣の木上見張りの鷺一羽/伊東伸堂

まつさらの褌鬼夜の見張り役/高田好子

菱喰の一羽が翔けて潟見張る/上林厚一

スコールや対潜見張り軍属も/皆川白陀

見張り猿ゐる絶壁の冬の月/畑中とほる

見張り鴨動かず波に身を任せ/右城暮石

遠目鏡見張の鶴の目を感ず/五十嵐播水

入口と出口に見張り苺狩り/松本サキ子

白鳥に見張りがをりて畦の上/野沢道子

ジャンボ機の影遠ざかる見張り鴨/酒井武

下萌えの一点見張る仁王の眼/伊丹三樹彦

村口に他所者見張る黒案山子/下村ひろし

俳句例:21句目~

石仏の夜も見張る眼ぞ花蜜柑/伊丹三樹彦

見張り鴨鳴けば百羽の羽音立つ/中島京子

見張り鵜の肩より怒り砕氷艦/平井さち子

雪来つつかなしき性の見張鶴/長谷川史郊

露けしと露草も目を見張りけり/富安風生

空にひびく波や見張りの鴨の首/原コウ子

見張り鵜やこの無防備の雪一色/平井さち子

見張らねば纏ひつく闇実梅熟る/岩淵喜代子

八雲立つ比良へ向き変へ見張鴨/秋元不死男

伊那谷や百合が見張りて百合畠/大木あまり

見張られている暗さ雄島の逆さ岩/平井久美子

ヨットハーバー見張りの如く軍艦浮く/影島智子

見張るもの無き田に立てり遠案山子/竹内いち子

一ト日子らを見張りし水着脱ぎにけり/大森さなみ

ねむいねむい僕の代わりに月光のえのころぐさを見張ってほしい/吉川宏志

タイトルとURLをコピーしました