霊柩車を使用した俳句

霊柩車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

霊柩車を含む俳句例

夢の世を霊柩車すぎ菊膾/穴井太

炎天の影を離さず霊柩車/有働亨

外濠の雪やむ波に霊柩車/飯田蛇笏

新緑や皇居名残の霊柩車/渡辺水巴

炎昼の霊柩車から運転手/池田澄子

花の山まで真直に霊柩車/岡澤康司

逃げ水や後続車なき霊柩車/藤田宏

霊柩車他郷に送り悴める/宮坂静生

霊柩車野に遠ざかる寒日和/有働亨

麗日の出合ひ頭に霊柩車/小出秋光

ぱり~と霊柩車行く氷かな/渡邊水巴

北風や護国寺をさす霊柩車/野村喜舟

芽吹く中法定速度の霊柩車/筒井芳男

葡萄の値高し遠くを霊柩車/宮坂静生

黄落やすぐに加速の霊柩車/内田美紗

黒い紳士の密集春の霊柩車/徳岡蓼花

春寒し飾りたてたる霊柩車/原田たいじ

片蔭を出て霊柩車見送れり/杉山三知子

菜殻焼く野を黄金の霊柩車/野見山朱鳥

霊柩車より冬の川見るとなく/中尾杏子

俳句例:21句目~

霊柩車消えし地上に麦熟す/相原左義長

しばらくは花の下行き霊柩車/片山由美子

ゆつくりと野分に押され霊柩車/清水基吉

咀嚼するごとくに揺れる霊柩車/家木松郎

春昼や屋根のまぶしき霊柩車/相沢真智子

浮き世とや逃げ水に乗る霊柩車/原子公平

霊柩車花菜あかりは野にあらず/大井雅人

指吸う嬰児の軒近くきた霊柩車/林田紀音夫

父の陰茎の霊柩車に泣きながら乗る/西川徹郎

冬の鳶色の夕暮かけぬけたのは霊柩車だつた/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました