ミサを使用した俳句

ミサに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ミサを含む俳句例

秋暁の一人嚏す大き弥撒/林翔

襟巻の狐をミサの膝の上/長田等

燭の火の細きに睦み彌撒始/村田脩

彌撒になき一音加ふ落椿/朝倉和江

聖堂は夜のミサ終り庭朧/奥田智久

夕弥撒へ畑より移す蚊遣香/築城京

颱風や彌撒の聖燭金色に/内藤吐天

ミサの鐘芝生の天使朝寝せよ/林翔

髪切虫弥撒読唱の高まるに/堀口星眠

ミサ終へし乙女峠の春惜む/松尾白汀

ミサ終へて寒の鰤割く修道女/淵脇護

笹鳴を庭先にして私宅ミサ/村越化石

秋潮の低唱つづく蒼き弥撒/福田葉子

ミサの鐘ひびき水鳥驚かず/山本歩禅

深秋の奉教死者のミサの燭/景山筍吉

夕凪や弥撒の戻りの小買物/野中亮介

秋晴や幸せ告げるミサの鐘/中村花心

柳散る夜の空より彌撒の鐘/中杉隆世

朝涼のヴェール揃へり弥撒乙女/林翔

朝の蝉老幼の弥撒を荘厳す/小林康治

俳句例:21句目~

初弥撒へ星の中ゆく一家族/杉山哲也

婚儀弥撒終へ囀に抱かるる/野中亮介

春泥の靴揃へあり牧の弥撒/太田昌子

薫風の海鏡なす朝の彌撒/下村ひろし

初弥撒や群青の馬の充ち来よ/山本掌

花煙草浦々に散るミサ帰り/古賀寿代

蛍来る島の弥撒なり畳敷/白澤よし子

蝿去らぬ日曜ミサの福音書/加藤耕子

神の闇深々とあり聖夜ミサ/岩岡中正

阪神忌天幕の灯は野外ミサ/小路紫峡

青芝を踏み高原の朝の弥撒/高橋照子

初ミサの長き祈りの髪若き/富安風生

ミサ夜長聖堂の扉に犬はべり/桑田青虎

泳ぎきし子の濡れ髪や朝の弥撒/築城京

ミサ曲の鎮もるところ鉦叩/稲畑廣太郎

ミサ果つや世俗へ戻る冬帽子/里村江遊

ミサ涼し民族衣裳着てつどふ/岩崎照子

河上徹太郎葬の弥撒無月かな/石原八束

小春日や四谷見附にミサの鐘/安藤衛門

正装の燕も彌撒をさづかりに/朝倉和江

俳句例:41句目~

初彌撒に旅の荷置きて跪く/黒田桜の園

弥撒のように刈田ひろがる雪狐/穴井太

初彌撒の鐘に応ふる波高し/柴田佐知子

初彌撒へ旅人ひとり加はれり/内藤恵子

出水川徒渉り来て朝の彌撒/下村ひろし

初彌撒へ黒衣白衣の尼出仕/保田白帆子

棒杭のごと百姓黙す露のミサ/宮坂静生

初ミサの子や暁紅に声放ち/本宮銑太郎

初ミサの鐘響き合ふ海の上/下村ひろし

花槐樹こぼるる寫に弥撒の鐘/原田青児

聖夜ミサ祈る神父の息白し/小原菁々子

小綬鶏の木の芽啄む野外弥撒/石原義輝

初彌撒や息ゆたかなる人集ひ/福永耕二

聖堂のミサや外套着しままに/山田尚子

復活祭祝ぐ歌ミサも久しぶり/若林南山

初弥撒に和服の髪を小さく結ふ/藤美紀

彌撒の花白き手にあり春袷/佐々木有風

妻と子の初彌撒ひとり残さるる/石寒太

初弥撒の鐘に応ふる波高し/柴田佐知子

老われの侍者を勤むるミサ始/景山筍吉

俳句例:61句目~

秋草を踏んで集まる朝の弥撒/井上弘美

初弥撒へ狐の跡を照らしゆく/堀口星眠

ザビエルの彌撒の空飛ぶ初燕/中島徳子

初弥撒やわが魂は着ぶくれて/攝津幸彦

テノールの一瞬昂じ聖夜弥撒/大関靖博

ミサあとの庭の饒舌ミモザ咲く/藤田宏

初弥撒や信ずる者のよく謳う/内田哀而

復活祭本寺の彌撒にめぐり逢ふ/三上孝

初弥撒や快男児太郎無口なり/小原洋一

初弥撒や息ゆたかなる人集ひ/福永耕二

初弥撒や白繭に似て嬰の睡り/中尾杏子

初弥撒や祈りの指を深く組み/半田幸子

秋の蝉彌撒の前奏つとめけり/朝倉和江

旅人に朝寝許さぬミサの鐘/長屋きみ子

扁舟を戸毎清めて初彌撒へ/下村ひろし

花薊広野をめぐるミサの鐘/柴田白葉女

早朝のミサに始まる神無月/稲畑廣太郎

炎熱のミサに加はりパウロ祭/山下青芝

蝋涙の一すぢならず聖夜ミサ/木内怜子

ミサの歌こもり深雪の梁太し/宮津昭彦

俳句例:81句目~

ミサの灯の堂の深きに初詣/野田きみ代

車椅子扉口にありて聖夜弥撒/渡会昌広

ミサの鐘ひびく函館年明くる/阿部悦子

青畝忌の弥撒に虔しみ仏徒我/吉波泡生

ミサの鐘藷掘る夫婦立ち上り/秋吉良聞

青葱の苗を分けあふ朝のミサ/鈴木厚子

ミサ了り夏服の皺手で伸ばす/津田清子

香水や弥撒へ子を抱く異邦人/新井英子

初弥撒の海上にゐて十字切る/中戸川朝人

初弥撒へ鯛焼持つていきにけり/仙田洋子

初弥撒や寄生木に日の凍りつつ/堀口星眠

初弥撒を了へし漁夫乗る鰯船/山田ひさし

初弥撒を待つ列の尾や雪に濡れ/野中亮介

初彌撒に仕へをりたる美童かな/藤田湘子

初彌撒に君の座のあり君の亡く/依田明倫

初彌撒や寄生木に日の凍りつつ/堀口星眠

初彌撒や落葉松はみな直なる木/石田勝彦

唄弥撒の鐘にはじまる深雪晴/中戸川朝人

噴水や少女跳ねゆく彌撒了へて/小池文子

夏暁のミサ一人加はる把手の首/津田清子

タイトルとURLをコピーしました