ゼロを使用した俳句

ゼロに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ゼロを含む俳句例

立雨零行方郡に葵百茎/林桂

初孫はまだ零歳のお年玉/滝沢洋子

空蝉の握力かぎりなく零に/芹山桂

空間に犇く女ゼロ歳です/羽石イミ

説教はゼロの発見十夜寺/荒井八雪

零歳の孫の温さや福寿草/樋口清晃

万愚節すぐや凍土の零番地/巌谷小波

乗客二個/車掌一人/月零個/家左近

寒卵十より零まで数へ割る/攝津幸彦

広島忌零は印度で生れたる/和久利甫

海抜零佐屋川よどみ芦の花/安江緑翠

視界ゼロ吹雪く山頂無一物/平田青雲

観客は零にて鏡びらきかな/櫂未知子

零の発見垂れて頭の栗の花/加藤郁乎

零をのみ重ね体内昏みけり/森田智子

鰤起し海抜ゼロの町揺する/篠田悦子

黙狂滄溟零の軍勢がのぼる/高原耕治

秋行くや湖面にゼロの如き月/落合冬至

視野零の頭上我が家の天の川/右城暮石

長梅雨の0が出てゐる電算機/佐野典子

俳句例:21句目~

零といふ字を書初めにして父は/皆吉司

きらきらと零の並べる賞与かな/植野康二

人形が見つめるゼロの自乗かな/村井和一

電卓を御破算にしてゼロ涼し/松倉ゆずる

視界ゼロ霧にゴンドラ揺れはじむ/岩崎照子

零の中爪立ちをして哭いてゐる/富澤赤黄男

零の空間へ木霊のように二人立つ/坂間恒子

出費零のけふの家計や枇杷を剥く/石田あき子

雲雀の天使零の星まで昇りつめよ/八木三日女

零の地のくちびる赤いチューリップ/栗林千津

タイトルとURLをコピーしました