太夫を使用した俳句

太夫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

太夫を含む俳句例

寒声や京に住居の能太夫/召波

謠初寶生太夫參りけり/正岡子規

初鰹観世太夫がはし居かな/蕪村

中幕は延寿太夫の朧かな/龍岡晋

帷子や観世太夫が袴能/大谷句佛

面箱に太夫正座や能始/大川千里

色姿我身も風の桜かな/吉野太夫

桜咲木太夫やいつの宮柱/井原西鶴

光太夫らの声の断片冬の海/原田喬

まんざいや跡の太夫は色白き/梅室

蟲の宿昇樂太夫早寝かな/八木林之介

加賀万歳頤まろき太夫かな/高村俊子

蓬莱にすはる薄雲太夫かな/松瀬青々

雪の日に見たし福島太夫殿/浜田酒堂

長き夜を面に眉かく能太夫/大谷句佛

太夫待つ遊女ばかりの一桟敷/久保晴

雪の夜の昇楽太夫あなとちり/岸田稚

太夫名の紋提灯や除夜の宿/西井脇師

田植歌三荘太夫を誹るかな/野村喜舟

六月や太夫となる身罪深し/正岡子規

俳句例:21句目~

けし残れ菊の太夫が庵の跡/膳所-素顰

想ひけり水芸太夫水中花/長谷川かな女

竹落葉さんせう太夫始末かな/筑紫磐井

一力の涼み牀几の土佐太夫/中村さとし

万歳の太夫の鼓ひとつの荷/結城美津女

傘影の外れて太夫の眉目かな/中山碧城

わが知れる美車太夫通るなり/野村泊月

冬薔薇高尾太夫の気っぷもて/高澤良一

夏痩や延寿太夫を堪え聴き居/尾崎迷堂

太夫の名背負ひ進める禿かな/高濱年尾

太夫見の向ひ桟敷の見知り人/高浜虚子

太夫待つ行厨膝に尼ぜかな/小林桂樹楼

我も亦太夫待つなる人のかげ/高濱虚子

山茶花や神楽太夫のさらば道/巌谷小波

猪も抱かれて萩のひと夜かな/高尾太夫

瞽女の唄山椒太夫しぐれけり/西本一都

太夫町揚屋町てふ路地おぼろ/徳永亜希

色鳥来吉野太夫の墓とこそ/小路智寿子

花ぐもり白髪太夫の繭ひそか/堀口星眠

みればごく近くに風と観世太夫/阿部完市

俳句例:41句目~

岡見すと云ひけむ細井治郎太夫/伊藤松宇

山椒太夫追つてきそうな枯れ岬/兼近久子

志寿太夫の高き声佳き二日かな/都筑智子

金飼ふて能の太夫の奢りかな/河東碧梧桐

三河万歳語る師の笑み太夫めく/田中英子

やすみ立つ太夫に日傘静まれり/高濱年尾

送水文若狭の井太夫とぞ名告り/佐野美智

立秋や箱根で逢ひし土佐太夫/中村吉右衛門

嵯峨菊のかんざし挿して太夫咲き/高澤良一

太夫にもならぬ木どもは落葉かな/横井也有

にこやかに踏み出す太夫の八文字/福田玉函子

歯固や伊勢の太夫の鰹ぶし/尾張-露川/元禄百人一句

タイトルとURLをコピーしました