汽船を使用した俳句

汽船に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

汽船を含む俳句例

献燈は丸亀汽船樟若葉/高澤良一

冷かや汽船と艀浪の中/大場白水郎

万愚節汽船で流人の島へ旅/北野民夫

短日や著きし汽船の大煙/五十嵐播水

花真菰汽船通はぬ利根運河/上田夜唱

みづうみの秋の汽船の船員ら/京極杞陽

アイロンは汽船のかたち鳥曇/角谷昌子

初冬や利根の田舎の汽船着場/小杉余子

剥げてゐる沖の汽船は捕鯨船/山本京童

夕月を見に横浜へ汽船を見に/京極杞陽

手を振りて別る晩夏の小汽船/沢木欣一

日蔽の汽船の人の降り盡くす/京極杞陽

汐干船汽船の波にゆられけり/内田百間

汽車よりも汽船長生き春の沖/三橋敏雄

湯釜ぬく汽船の音の明け易し/正岡子規

ぼうふら愉し沖に汽船の永睡り/飯田龍太

春の沖汽船はとはによこむきに/齋藤愼爾

暑き箇所涼しき箇所が汽船極端/京極杞陽

枯桑のみなとに湖の汽船あり/大橋櫻坡子

汽船過ぎて波よる秋の小島かな/正岡子規

俳句例:21句目~

湖の汽船荒れゐるけしき花の雨/後藤夜半

蜜柑荷を出すや汽車積汽船積/鈴鹿野風呂

夕立に汽船黒く濡れ月の海に揺れ/京極杞陽

二三日は佐渡へ汽船絶え吹雪かな/松根東洋城

汽船待つ間かりがねに抱く火鉢かな/宮武寒々

汽船送らず梅に籠りて句を作る/長谷川零餘子

船員螢籠提げ漆黒の夜の汽船に戻る/大橋裸木

ぬめぬめと雨に濡るる汽船へ夜もどる/大橋裸木

輝く浪の大きな汽船ぢりぢり岸に寄る/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました