病臥を使用した俳句

病臥に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

病臥を含む俳句例

万緑や泳ぐすがたの病臥身/稚

春の雪方六尺の病臥窓/上村占

新年の病臥の幾日既に過ぎ/誓子

雲の峰眦あつき病臥かな/太田鴻村

遊ぶごと病臥の外の遠田打/斎藤玄

炎天や病臥の下をただ大地/斎藤玄

枝蛙病臥の妻に灯をともし/鈴木五鈴

絲瓜咲き病臥誓子の荘とせる/岸風三楼

蝉しきり病臥ひねもす松の幹/河野南畦

雛いまだ納めず病臥匂ひ出す/村山古郷

俄かに病臥黐の白さが芝覆ふ/河野南畦

鶏遠音きこゆ北風に病臥かな/富田木歩

冴返る病臥の乳房見てしまふ/奈良文夫

夏めくと己励ます病臥かな/荒川あつし

妻病臥子を連れのぞく蟻地獄/石田波郷

巣ごもりの雀に近き病臥かな/大石悦子

捕虫網病臥の視野を戦ぎ過ぐ/楠本憲吉

洗ひ髪病臥の夫がもてあそぶ/品川鈴子

病臥位の雪の轣轆より低し/千代田葛彦

紅梅や病臥に果つる二十代/古賀まり子

俳句例:21句目~

むだ花の糸瓜日々見つ病臥かな/富田木歩

シヨール手に病臥の夫に一礼す/堀風祭子

冬の蠅病臥の夫になれなれし/石田あき子

病臥なほ壁の羽織の裏あかき/鷲谷七菜子

色鳥や病臥といふはもの見えて/橋本榮治

芦枯るる風のけはひに病臥かな/富田木歩

藤棚に斜面屋根裏の病臥いかに/香西照雄

蘆枯るる風のけはひに病臥かな/富田木歩

夏の雲過去も病臥とつながりし/三好潤子

鶏遠音きこゆる北風に病臥かな/富田木歩

病臥とは朧へ見えぬ手に曳かるる/斎藤玄

柚子釜の香をありありと病臥かな/石川桂郎

夫病臥雲割つて椋鳥わたりけり/石田あき子

黒い夏病臥の足先まで見たくなし/河野南畦

ががんぼも病臥の我も閉ぢこめられ/福田蓼汀

病臥悲歌炉の火ゆたかに過去燃やせ/古賀まり子

タイトルとURLをコピーしました