井水を使用した俳句

井水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

井水を含む俳句例

大藪に井水擲ち余花残花/上村占

菊坂に残る井水や一葉忌/石川子

島民に鹹き井水よ豊作よ/津田清子

捨焚火掘兼村の井水鳴る/巌谷小波

新涼や井水をみたす厨桶/石川桂郎

井水汲む永久運動牛と少年/伊丹公子

花茶垣井水汲む音弾みゐて/野澤節子

蜩の鳴く頃井水で甕満たす/大野林火

飲馴れし井水の恋し夏の旅/幸田露伴

あけくれや井水貰ひて年の暮/細川加賀

のうぜんや井水で冷やす夭き胸/上村占

子の年の郡上の井水小走りに/高澤良一

小町忌は人丸忌なり井水汲む/高橋睦郎

竹の子や寺の井水は噛みて飲む/上村占

竹伐りや馬穴で供ふ閼伽井水/鈴木厚子

芹洗ふ井水に雪の降りそそぐ/石川桂郎

虫籠の洗はれてゐる井水かな/石田勝彦

雪女彳たせし井水汲みにけり/石川桂郎

青くさき葉月始めの井水かな/平子公一

鴨足草咲けり持仏に井水汲む/石原舟月

俳句例:21句目~

きこゆるは井水の流れ春の月/金尾梅の門

大雪や井水の流れ夜もゆたか/金尾梅の門

寒鮒の血のかたまれる井水かな/綾部仁喜

柿吊し終り井水があたたかく/波多野爽波

湯の井水の井いづれにも夕蜻蛉/友岡子郷

短夜を押しあがりたる井水かな/野村喜舟

夏三日月井水汲みいる辺はくらし/古沢太穂

大風にぱつたり涸れし井水かな/大須賀乙字

菊売の井水を汲んでゆきにけり/鈴木しげを

地蔵会の井水きらきら汲まれけり/鈴木しげを

タイトルとURLをコピーしました