真帆を使用した俳句

真帆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

真帆を含む俳句例

小春凪真帆も七合五勺かな/蕪村

新蕎麦や伊吹颪に真帆片帆/昇角

春風や東へ片帆西へ真帆/正岡子規

真帆片帆右は播磨の青嵐/正岡子規

真帆片帆湖の南は夕立す/寺田寅彦

いそがしや沖の時雨の真帆片帆/去来

春風や海に花さく真帆片帆/正岡子規

真帆ゆくや七福神の隅田川/野村喜舟

真帆浮ぶ相模の海や実朝忌/宮下秀昌

霞みけり大島小島真帆片帆/正岡子規

はつ嵐真帆の茜に凪ぎにけり/飯田蛇笏

一湾の真帆見てをりぬ福寿草/小澤克己

初嵐いやひこ晴れて片帆真帆/会津八一

夕立や沖は入日の真帆かた帆/正岡子規

春の海船頭起きて真帆あがる/藤野古白

母の日の真帆滑りけり浮御堂/斉藤夏風

涼しさや松の木末を走る真帆/正岡子規

涼しさや湊出て行く真帆片帆/正岡子規

盆東風や沖より帰る真帆片帆/木村信子

真帆片帆どこまで行くぞ青嵐/正岡子規

俳句例:21句目~

真帆白帆みるみる秋に従へり/飯田龍太

すゝしさや片帆を真帆に取直し/正岡子規

七月や彼方のビルを真帆と見て/岡田貞峰

涼しさや淡路をめぐる真帆片帆/正岡子規

真帆片帆沖はかすみて何もなし/正岡子規

真帆片帆行く手行く手の海霞む/正岡子規

のどかさや松にすわりし真帆片帆/正岡子規

まつすぐに夏来つつあり沖の真帆/猿橋統流子

吹くや東風附木の真帆にそよそよと/正岡子規

真帆とまり片帆すみやかよき汐干/阿波野青畝

タイトルとURLをコピーしました