竹垣を使用した俳句

竹垣に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

竹垣を含む俳句例

手作りの竹垣といふ青葉風/篠原

竹垣の外飛ぶ雨の蛍哉/正岡子規

竹垣や菊と野菊の裏表/正岡子規

寺裏の寒竹垣に小家あり/高浜虚子

梅さくや竹垣杉垣小柴垣/正岡子規

竹垣につづく柴垣梅香る/余田/功

竹垣に蕣の咲く空家かな/正岡子規

竹垣に鵙の早贄遠峰澄む/塚原麦生

竹垣の外は上野や虫の聲/正岡子規

竹垣や雨の山吹土に臥す/正岡子規

あるかなし南天の紅竹垣に/瀧井孝作

竹垣の外へころげる霰かな/正岡子規

竹垣の結び目つつく初雀/赤瀬川恵美

竹垣の結び目ほどけ兼好忌/高木良多

竹垣の結目正しく秋日さす/出田浩子

竹垣の青き切り口年明ける/高野清美

竹垣や隣の菊のこぼれ咲く/正岡子規

竹垣をめぐり行く径百千鳥/高木晴子

蝸牛と生れて奈良の竹垣に/藤田湘子

さねかづら西行庵の竹垣に/尾沢柳冠子

俳句例:21句目~

しもたやの日除や鬱と女竹垣/石川桂郎

竹垣の結び目しかと立夏かな/角野火楓

竹垣の縄のゆるみも彼岸寺/神尾久美子

竹垣や戸口二つありて梅の花/正岡子規

風除けの竹垣解かず荒布干す/沢田緑生

竹垣に干すスニーカー芙蓉の実/武田光子

竹垣も結ひなほされて名残茶事/田辺文代

竹垣や傘すぼめる時ほとゝきす/正岡子規

雪の下駄竹垣にかけ隠棲地/鍵和田ゆう子

竹垣よごれたちから~な冬日の惜しぞ/小澤碧童

竹垣の大夕立や素湯の味/一茶/文化十一年甲戊

タイトルとURLをコピーしました