ほろりを使用した俳句

ほろりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ほろりを含む俳句例

蛍にほろりと笹の氷かな/北枝

ほろりと抜けた歯ではある/山頭火

寒雁のほろりとなくや藁砧/原石鼎

煮の目玉ほろりと夜の秋/名取文子

鶯にほろりと笹の氷かな/立花北枝

浜苦菜ほろりと風に動く砂/高澤良一

秋風やほろりと落し蝉の殻/正岡子規

茗荷汁ほろりと苦し風の暮/日野草城

風もなく白萩ほろり涙ほど/古市絵未

ほたるほろりと死んでゐる/栗林一石路

ほろりとぬけた歯ではある/種田山頭火

ほろりとも降らで月澄む蚊遣かな/焦桐

ゆく春の田螺ほろりと沈めけり/小島健

柿食へばほろりと甘き秋津島/小山喬司

焼山の灰のほろりと道よぎる/高澤良一

現身へほろりと溶ける沈丁花/大西泰世

秋風やほろりともけし蝉の殻/正岡子規

身にしむやほろりとさめし庭の風/犀星

露ほろりほろり砧の拍子かな/正岡子規

鮎の塩ほろりと落ちし膝の上/原コウ子

俳句例:21句目~

惜春の舌にほろりと砂糖菓子/ふけとしこ

春風やほろりほろりと折れる蘆/正岡子規

畦塗つてほろりほろりと夕の雨/久保田摶

秋立つやほろりと落ちし蝉の殻/正岡子規

立ちよればほろりほろりと椿哉/会津八一

手にとりてほろりとしたる一賀状/岸本尚毅

星の別れほろりと露をこぼしけり/正岡子規

まるめろのほろりと咲けり山羊の上/小池文子

五劫思惟の弥陀はほろりとしぐれかな/阿波野青畝

卯の花もほろり~や蟇の塚/一茶/文政二年己卯

タイトルとURLをコピーしました