絵皿を使用した俳句

絵皿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

絵皿を含む俳句例

待宵の絵皿にうすき埃かな/秋を

熱燗や心の内を赤絵皿/星野紗一

夜蛙やオランダ遠き赤絵皿/有働亨

薙刀と絵皿ならべて冬深し/中田剛

ぼろ市の客も膝つく赤絵皿/林八重子

小鳥来る乾く絵皿の茜寂び/三橋迪子

秋燈絵皿の毬は皿を出ず/磯貝碧蹄館

ふぐ刺の絵皿の山河残りたる/椎橋清翠

二日はや絵皿の唐児寂しいか/森早恵子

匙置いて絵皿を鳴らす花曇/丸山しげる

新涼や絵皿にとかす空の色/和多田林雨

春昼の絵皿より蝶出でて舞へ/朝倉和江

普羅の忌の絵皿に透ける洗鯉/松本澄江

百合開く絵皿の中にある異国/有馬朗人

絵皿一枚敬老の日の雲が往き/中島斌雄

草田男の死絵皿雪が雪降らす/河野南畦

荷づくりの絵皿をかさね椎の花/中田剛

ぼろ市や絵皿の中の隠れ耶蘇/町田しげき

マジヨリカの絵皿全し春の樂/下村ひろし

冬のサラダ盛つて絵皿の鳥隠す/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

天守より月に投げたる絵皿かな/大屋達治

枝豆やふれてつめたき青絵皿/猿橋統流子

鰒かなし絵皿の滝の透きて見ゆ/西本一都

あたたかや絵皿の絵具指で溶き/片山由美子

伊万里絵皿ひろぐる娶り深雪晴/中戸川朝人

柿のせて唐子かくれし絵皿かな/飯島みさ子

河豚さしを絵皿の花鳥より剥がす/吉屋信子

ピカソの絵皿が見ている地球の裏側/青木比呂

散るさくら/絵皿に花のいろ溶けば/木村粂子

浮かび出る絵皿を見つつ河豚を食ふ/船水ゆき

タイトルとURLをコピーしました