土蔵を使用した俳句

土蔵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

土蔵を含む俳句例

生家跡土蔵残りて箒草/津村青岬

折檻の昔土蔵の白障子/鈴木鷹夫

遠里や茶の花の上の裸土蔵/一茶

花桐と土蔵の月日友の家/桂信子

土蔵より顔出して見る冬日和/原裕

昼月や土蔵にあふる炭俵/吉野義子

万亭は土蔵ある庭朧濃し/渡邊水巴

塗篭の土蔵の古び柿若葉/横田昌子

露多き土蔵の影の薪かな/寺田寅彦

草双紙探す土蔵や春の雨/夏目漱石

明やすき夜や土蔵の白き壁/永井荷風

秋の蜂群がり土蔵亀裂せり/西東三鬼

揺れ惑ふ影や土蔵の彼岸花/仙田洋子

石かます土蔵の歪み梅の花/山本洋子

居初家の土蔵の外の大夕立/山本洋子

山に開く土蔵の小窓菊日和/福田蓼汀

土蔵開け放ち一邸お風入れ/辻井/節

どの家も土蔵の白き瓜の花/綾部仁喜

柏原この日土蔵を祭りけり/栗生純夫

高窓の土蔵のしめり菊の昼/高井北杜

俳句例:21句目~

一茶憶う土蔵の中の/秋の暮/路清紫

三伏の土蔵の匂ひ父は亡し/小山都址

塗り膳を土蔵より出す朝の霜/桂信子

花栗の白き土蔵の町に入る/巌谷小波

穂芒の白き土蔵は一茶の地/巌谷小波

粗壁の土蔵に止まる鬼やんま/桑田明子

終の土蔵春陰のほか添ふものなく/昭彦

この村に減りし土蔵や藍の花/谷口秋郷

芙蓉咲く庭に家紋の土蔵かな/今泉貞鳳

裏川に花ちる土蔵うつりをり/石原八束

裏庭に初音はいまに土蔵の扉/伊藤敬子

跼み入る一茶の土蔵松飾る/田川飛旅子

雪となる一茶土蔵の炉の湿り/皆川盤水

雪踏まれありて一茶の土蔵見ゆ/森田峠

啓蟄や土蔵の鍵を探さねば/井上けい子

青胡桃屋根打つ縫工寮は土蔵/宮坂静生

世に暗き雪の一茶の土蔵かな/飛高隆夫

乾びゆくものに土蔵と唐辛子/広瀬直人

冬来つつ土塀土蔵も人ごゑす/橋本鶏二

土蔵に青嶺の群るる桑照りぬ/桂樟蹊子

俳句例:41句目~

土蔵の穴一茶終焉の雪降れる/西本一都

土蔵より崩るる生家山笑ふ/大木さつき

土蔵潰え猫鳴く焦土春惜しむ/宮武寒々

夏菊や土蔵の陰に痩せてけり/正岡子規

大根菜干して一茶の土蔵守る/永田由子

鶯のまだ起きてをり土蔵住ひ/永井龍男

春雷や土蔵に一茶見えてくる/吉田和城

暮れてなほ土蔵のほてり梅筵/山仲英子

枇杷の花とり懐さるゝ土蔵かな/上村占

滅多には開けぬ土蔵や天の川/橋本貴美

父ははの土蔵の出入り別れ霜/西村信男

真暗な土蔵の艶ぶき魂迎ふ/加藤知世子

秋澄めるものの一つの土蔵かな/不破博

いかめしき土蔵の間の青葉かな/正岡子規

おち葉してけろりと立ちし土蔵かな/一茶

浦浪に土蔵かゞやく秋まつり/佐野まもる

すずめ蜂土蔵の軒をとび立ちぬ/菊井稔子

春霖や土蔵を出でしときにほふ/黒田杏子

南瓜咲くや一茶旧居に似し土蔵/松村蒼石

雪がこふすべなく一茶土蔵荒る/西本一都

俳句例:61句目~

炉框の焦げなつかしき土蔵かな/西本一都

一茶土蔵入れば秋翳まとふのみ/西本一都

春の月土蔵の尽くるところまで/大沢せい

塗り替へし寺の土蔵や法師蝉/足立登美子

福沢諭吉生みし土蔵の春障子/土永竜仙子

霧また霧一茶の土蔵とくとざせ/栗生純夫

乾らびゆくものに土蔵と唐辛子/廣瀬直人

土蔵から巽のひかり寒の入り/針ヶ谷里三

新俵積み上げ土蔵の中掃かれ/長谷川素逝

地震の罅はしる土蔵に柿を干す/白井眞貫

此のあたり土蔵の多きあつさ哉/正岡子規

一茶土蔵隅にちちろの闇溜める/和田伴義

喜多方の夏や土蔵を観てまはる/椎橋清翠

菜の花や崩るるままに土蔵あり/藤吉琴江

蜥蜴消ゆ土蔵に念佛つづきをり/宮坂静生

たまさかも開かぬ土蔵や栗の花/徳永夏川女

とりいれの土蔵の鼠の穴ふさぎ/長谷川素逝

なかんづく土蔵の神への大鏡餅/長谷川素逝

土蔵ひらけば晴天のほととぎす/福田甲子雄

土蔵の村夕日があれば母がいて/北原志満子

俳句例:81句目~

大根干す土蔵の紋の仮名一字/鍵和田ゆう子

柿の皮干して土蔵にうづくまる/加藤知世子

汗の若者土蔵は壁の落つにまかす/藤岡筑邨

霧また霧土蔵朽ちさせてはならず/栗生純夫

執念や貧乏一茶が雪の栖の古土蔵/橋本夢道

ふるさとや土蔵に吊りし干大根/柴田白葉女

とんぼ朔日土蔵破りが来るといふ/谷口とし子

これが一茶の土蔵か既に雪おく枯れ小菊/橋本夢道

蚕屋のもの出しかけて土蔵あいてをり/長谷川素逝

裸子遊ぶ一茶の土蔵「なんにもない」/鍵和田ゆう子

土蔵からすじかいにさすはつ日哉/一茶/文政二年己卯

タイトルとURLをコピーしました