遠忌を使用した俳句

遠忌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遠忌を含む俳句例

高々と遠忌の札や花曇/野村泊月

夕蛍遠忌に供ふ従軍記/脇本千鶴子

大阪の花の中なる遠忌かな/桂信子

揚羽蝶遠忌の柱叩くかな/柿本多映

鎌倉の遠忌に罷る花衣/深見けん二

集りて散りて遠忌の花の中/桂信子

声遠忌遠雷遠きままひとつ/赤松惠子

御遠忌は昨日にすみぬ春の雨/大谷句佛

空海大遠忌全山さくらかな/成瀬櫻桃子

花菜漬遠忌の箸にあはあはし/大野林火

ほととぎす聴く幸を得し遠忌かな/桂信子

天の川ちちはは遠し遠忌年/長谷川己代治

御遠忌の山の黎明うつぎ咲く/つじ加代子

手水鉢の氷砕きゐる遠忌かな/吉岡禅寺洞

花茣蓙にはらから多き遠忌かな/佐藤十全

霞立つふるさとに入る遠忌かな/高澤良一

はらから集ひ父の遠忌の芋煮会/詫摩まつ子

閼伽桶に遠忌の菜種挿しにけり/吉岡禅寺洞

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました