女坂を使用した俳句

女坂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

女坂を含む俳句例

梅匂ふ夜の男坂女坂/篠田重好

女坂人声のして初詣/高野素十

寒行の女は女坂とらず/遠山雪童

黄落や歌の神辞し女坂/巌谷小波

春泥の芯まだ固し女坂/幸治燕居

細長い春風吹くや女坂/小林一茶

初詣夫の蹤ききて女坂/水野龍子

蛇苺ふるき社の女坂/浅田伊賀子

釣舟草霧に溺るる女坂/高澤良一

南天の赤極まれり女坂/佐々木佳子

女には女坂あり著莪の花/後藤トメ

女坂に自転車倒す麦の秋/後藤貴子

春日傘大和にいくつ女坂/攝津幸彦

起し絵の昔をゆめの女坂/石川桂郎

女坂塞ぐ雪折れ青き踏む/浦野芳南

長城に女坂あり霧晴るる/横山昭作

僧さげて大根地を擦る女坂/吉野義子

初日よりゆっくり登る女坂/石井美江

団栗にそれぞれの影女坂/望月ただし

女坂のぼれば春の夕焼け町/中村汀女

俳句例:21句目~

椿咲く女坂とてあなどれず/福田蓼汀

粧ひて冷まじき翳をんな坂/長谷川双

繕ひし垣に沿ひゆく女坂/三谷いちろ

梅を見て濁世にもどる女坂/塚本久子

行く秋の蝶道づれに女坂/清水貴久子

山ぶだう黒きまで熟れ女坂/細見綾子

あをあをと春の藪騒女坂/鍵和田ゆう子

八卦見の出てゐる梅の女坂/向江八重子

女坂に向くひと叢の母子草/河野多希女

女坂をんな同士と着ぶくれて/松村多美

鏡花忌や女坂ゆく蛇の目傘/伊藤主津子

梅雨あけやさてをんな坂男坂/久保田万太郎

夕東風に吹れ下るや女坂/一茶/文政五年壬午

タイトルとURLをコピーしました