大灘を使用した俳句

大灘に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大灘を含む俳句例

大灘に日矢いくたびも鍬始/斎藤梅子

大灘に流氷満ちて月下なり/佐藤瑠璃

大灘に暮れのこりたる捕鯨船/南出南溟

大灘のかがやく日なり野水仙/片山敏子

大灘の月さす障子入れにけり/前田青紀

大灘の没り日に染まり飛とぶ/岡村紀洋

大灘の返照に垂れ青すだれ/黒坂紫陽子

大灘を前に芒種の雨しとど/宇多喜代子

大灘に集はむとせるみな鯖火/小澤満佐子

大灘のひたすらひかる晩夏かな/日美清史

大灘の没日にはじまる風の餐/宇多喜代子

大灘や冬至の入日吸ひ伸ばし/射場秀太郎

大灘を日のわたりゐる仏生会/鷲谷七菜子

大灘の鯖火みだれず凪ぎわたる/水原秋桜子

白雨来る熊野大灘まくらがり/中西昭子「初竃」

タイトルとURLをコピーしました