波の上を使用した俳句

波の上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波の上を含む俳句例

冬鴎影遅れゆく波の上/福田鴉生

春の日や鴎ねぶれる波の上/闌更

補陀落や滝の聳ゆる波の上/春樹

世の夏や湖水に浮ぶ波の上/芭蕉

夕星は立浪草の浪の上/藤田あけ烏

涼しさや月徒渉る波の上/石塚友二

陽炎や冬荒浪の砂の上/東洋城千句

波の上を走る波あり初嵐/岡田耿陽

囮鴨時々鳴いて波の上/深見けん二

宮島の除夜の燈明り波の上/竹下陶子

御影講や千鳥の跡も波の上/三谷耕村

波の上波のながれて桔梗蘭/吉田紫乃

韃靼の蝶のあしあと波の上/齋藤愼爾

餅花や淡路はくらし波の上/斎藤梅子

波のうへに秋の咲なり千種貝/千代尼

ちらちらと初雪ふりぬ波の上/正岡子規

凧揺れて東京の屋根の波の上/島田青峰

夜の秋の蠍座の尾を波の上/片山由美子

木苺のさびしさ浪子碑波の上/河野南畦

紅梅や日はくらくらと濤の上/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

行く春に塵をも付けず浪の上/中村史邦

波の上雨の走れり安房の冬/中戸川朝人

船ゆきて日覆も波の上ゆけり/山口波津女

虚子の忌の伊予が近づく波の上/鈴木鷹夫

蝶舞へりペーロン発ちし波の上/朝倉和江

波の上は風過ぐばかり天草取/鯉屋伊兵衛

はまなすや波のうへより濤襲ひ/岸風三楼

波のうへに花浮き花や遠ロシヤ/大屋達治

白南風や波のうへ飛ぶ波しぶき/長谷川櫂

束の間の佐渡や明けゆく卯浪の上/高澤良一

リラを憶えば睡くてならぬ波の上/宇多喜代子

世の夏や湖水に浮かむ波の上/芭蕉「前後園」

タイトルとURLをコピーしました