墓石を使用した俳句

墓石に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墓石を含む俳句例

墓石より裸の男現れ来/上野泰

冬未明流星群と墓石群/落合水尾

草餅を売る両隣り墓石屋/森美樹

墓石に煙草一本の白寒椿/中拓夫

蛞蝓の一途墓石を離れざる/原勲

百日紅頼家の墓石二つ/平島尚典

墓山に雪墓石は雪を被ず/山口誓子

花茨墓石がこぞる町の窪/小林康治

墓石のやや傾きぬ東行忌/古川/薫

桜被て海を眺める墓石群/岡村行雄

墓石の傍のこどもの陽炎よ/中田剛

鰯雲比ぶなき墓石の緘黙/内藤吐天

秋深し墓石も街も同じ色/有馬朗人

蝕甚の天の墓石となる鴉/横山白虹

墓石を磨きて遠き柿の冷え/石寒太

墓石撰る浦明易き通り雨/宮武寒々

凌霄花墓石を庭に牧の家/宮坂静生

蘖や墓石を買ひに二三人/斎藤夏風

死して鎧ふ巨き炎天の墓石なり/林翔

夕桜無数の墓石腕のごとし/大井雅人

俳句例:21句目~

杉菜の墓一つ墓石が新しく/高澤良一

銀杏散る女郎二万を一墓石/対馬康子

遠縁の墓石二つも洗ひけり/高澤良一

宙吊りの墓石花の風に揺る/柏原眠雨

六月の雨美しき墓石あり/加藤知世子

冬の日のむごき墓石選びかな/斎藤玄

紙を敷いて墓石へ供物夏の露/菅裸馬

尼様の墓石は丸し棕櫚の花/福島鼓調

墓石に映つてゐるは夏蜜柑/岸本尚毅

屋上の墓石売場を飛ぶ電波/夏石番矢

墓石の黒刻まるる桃の花/古賀まり子

敗戦忌墓石の兄は妻もたず/櫛谷文八

機械で砥ぐ墓石漂白される街/穴井太

蝉時雨墓石も古りし田原坂/有働祐子

小肥りの毛虫良寛墓石馳す/高澤良一

城の裏白夜の墓石立ち上る/有馬朗人

病葉が滑りてかたき墓石かな/西村和子

花明り名なき墓石の犇めきて/関森勝夫

蝿生れ墓石を舐め羽づくろひ/西東三鬼

蟻物をくはへて上る墓石かな/高濱年尾

俳句例:41句目~

不揃ひの墓石よ栗の花咲いて/北原白秋

初蝶に触れんと墓石伸び上る/三橋鷹女

吾を見る墓石の前に松飾る/百合山羽公

墓石に朱文字の大姉一位の実/藤岡筑邨

墓石に毛虫ゐて栗の葉洩れ陽/北原白秋

天保の墓石ざらざら木の芽風/藤田枕流

屋根石の墓石めきたり青山河/宮坂静生

冬日中墓石ばかりが面てあぐ/清水基吉

春愁や墓石にもある貧富の差/村上辰良

春霖や哥川の墓石うづくまり/川上季石

朝草刈る墓石よりも光る草を/金子兜太

濃山吹ひとつ墓石を隔てたる/沢/正矢

炎天に吾が生き墓石自若たり/橋本夢道

女曳く枯野の牛車墓石を積み/軽部烏頭子

墓石に置くハンカチは誰のもの/岩田由美

苔凍むや墓石とまがふ地番石/下村ひろし

こんなにも灼けゐる墓石西林寺/高澤良一

松木村あと墓石こぼるる旱空/諸角せつ子

春疾風嬰の墓石を瀬にひろへり/友岡子郷

葉桜や石工ひねもす墓石彫る/大和田亨子

俳句例:61句目~

蓼咲くや墓石となりし遊女たち/大島民郎

吾が佇てば墓石傾ぎ来冬日の中/石塚友二

蜜柑山日当り背ナに墓石積む/中戸川朝人

信濃にひびき墓石で胡桃割る烏/岡あきら

もたるるは遊女墓石か秋風か/諸角せつ子

猿もをり墓石もありて右へ去る/攝津幸彦

野菊のみ墓石にふれてゐたりけり/中田剛

たまゆらの墓石を探す夏酩酊/宇多喜代子

目の前に墓石現れたる梅見かな/三浦久子

墓石まで路傍に売られ年つまる/高井北杜

墓石の照り合うてをり麦の秋/小島千架子

雪の野に立つ黒きもの墓石なり/山口誓子

墓石に鶺鴒の来て糞りにけり/赤瀬川至安

昼顔に積みおろす荷のみな墓石/有馬籌子

けまん群れ墓石の如く壁炉冷ゆ/殿村菟絲子

年頭墓参ことし墓石の一つふえ/下村ひろし

炎天や「うごけば寒い」吾が墓石/橋本夢道

墓石より温みつたはり蝉時雨/阿部みどり女

紅葉明りの墓石を刻む墓石に掛け/宮坂静生

蝙蝠飛ぶ墓石の角を忘れしめず/小檜山繁子

俳句例:81句目~

蝶の意のままに墓石は殖えるかな/齋藤愼爾

山恋ふ日母の墓石の灼けゐるか/石橋辰之助

落ちしづむまでも墓石や法師蝉/百合山羽公

陽に白けきつた磯墓石蓴なびく/伊丹三樹彦

ぎす啼けり墓石ひたすら蔭に寄る/榎本冬一郎

春浅き市にもとむる墓石かな/吉武月二郎句集

あたたかや茂吉墓石の頭のへこみ/山下知津子

山腹にかたまり凍つる墓石かな/阿部みどり女

掃苔の手触りて灼くる墓石かな/竹下しづの女

墓石にリヤカーの柄かけ馬鈴薯掘る/宮坂静生

吾前に秋風と娘の墓石のみ/スコツト/沼蘋女

笑へば無くなる目の友と墓石に映る/攝津幸彦

水かけて墓石のいきいきとしたことか/荻原井泉水

冬日が陰影を與えてビルを墓石とした/吉岡禅寺洞

夏草のしげりのきはみ腐りゆく死者には墓石は重からむ/石井辰彦

タイトルとURLをコピーしました