裏町を使用した俳句

裏町に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

裏町を含む俳句例

裏町や声見失ふ田螺売/文雅

炎天や裏町通る薬売/寺田寅彦

うら町に葱うる声や宵の月/蕪村

うら町や炭団手伝ふ美少年/一茶

裏町は鷄頭淋し一くるわ/正岡子規

裏町や窮屈さうに飛ぶ燕/正岡子規

宮島のよき裏町や十三夜/塩田育代

鯛提げて裏町帰る弥生哉/正岡子規

裏町は春雨ふるか蛇目傘/正岡子規

病葉の一葉落ちけり厨裏/町田和子

うら町の鼾あかるしけふの月/千代尼

爐開や裏町かけて角屋しき/蕪村遺稿

紙芝居しまく堅田の裏町に/高濱年尾

蚊帳青き裏町寺のひと間借/桂樟蹊子

裏町がすぐに冬海刃物研ぐ/河野南畦

裏町や秋の夕日の蚊粒飛ぶ/正岡子規

憲法記念日裏町長屋見透しに/石川桂郎

菊坂といふ裏町の蒼き冷え/柴田白葉女

蒲団干す裏町未だ日あたらず/柳原極堂

虫鳴いて裏町の闇やはらかし/楠本憲吉

俳句例:21句目~

裏町に消防車突進はなやかに/山口青邨

裏町の泥かがやけりクリスマス/桂信子

裏町や水打さして馬車を見る/正岡子規

裏町や起きぬけ人の焚火の輪/清原枴童

裏町よりピアノを運ぶ癌の父/寺山修司

裏町薄暑見知らぬ南蛮薬微光/伊丹公子

裏町にすぐ打ちやみし薺かな/長谷川春草

裏町をすぐ打ちやみし薺かな/長谷川春草

裏町薄暑民話の鼠たてこもる/瀬戸美代子

阿波踊裏町さらにさみしくす/浜名礼次郎

裏町に住んで柘榴の一木かな/河東碧梧桐

裏町はどかと暗しや霧こむる/阿部みどり女

うら町は夜水かゝりぬ夏の月/一茶/文化元年甲子

タイトルとURLをコピーしました