叩くを使用した俳句

叩くに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

叩くを含む俳句例

水切りし狙白し鰺叩く/上村占

出初を祝うて叩く瓢かな/一茶

叩くにも君を忘れぬ薺哉/紅爾

真夜中を叩く私的な国境/穴井太

掛乞の竹椽叩く烟管哉/正岡子規

夏痩の腋皿叩く団扇哉/正岡子規

旅人の破鐘叩く扇かな/正岡子規

底叩く音や余寒の炭俵/五車反古

春驟雨船端叩く川蝦漁/高澤良一

なな草や次手に叩く鳥の骨/桃隣

此村の門並叩く水鶏哉/星野麦人

笠叩く松の雫や五月雨/野村泊月

万緑の一幹馬首のごと叩く/狩行

鶯の鳴く中叩く板かな/野村喜舟

鉦叩朝より叩く含み墨/村上麓人

電線に鶺鴒空の端叩く/舟山月歩

戸を叩く女の聲や冬籠/正岡子規

戸を叩く音は狸か薬喰/子規句集

日に叩く鶏頭の種無尽蔵/大石悦子

葭切や布団を叩く音のして/後藤章

俳句例:21句目~

新平忌の経塔叩く夜の雨/北村広洋

萩の戸に埃叩くやむし鰈/松瀬青々

春宵の叩きに叩く肉一片/大倉郁子

老にまだのこる力や粟叩く/上野泰

梅深く月下の門を人叩く/正岡子規

竹藪の外から叩く水鶏哉/正岡子規

木の家や涼風に肩叩く音/中山純子

アトリエの高き天窓雹叩く/中島隆

小夜更て氷を叩く月夜哉/正岡子規

球根の土を女の掌で叩く/古舘曹人

玉ぜりの裸を叩く霰かな/富安風生

朝桜吾子の駆足地を叩く/奈良文夫

一戒を破り即ち蝿叩く/堀前小木菟

村中を法華の叩く彼岸哉/小澤碧童

深川や風が戸叩く雛の家/加藤耕子

鶺鴒叩く霽れ間の猩々木/林原耒井

裏木戸を叩くは風の雪柳/横田清香

不器用に警察官が蝿叩く/加藤良彦

水無月の竹を叩くや俄雨/松瀬青々

燈籠の門を叩くや女馬士/正岡子規

俳句例:41句目~

人違ひして肩叩く目借時/徳丸峻二

蠅叩く術練達にまだ遠し/高澤良一

鶏頭に太鼓叩くや本門寺/夏目漱石

先づ叩く己の影や土竜打/新井盛治

鵜つかひの舷叩く谺かな/大谷句佛

冬山を叩くが如く板打つ/杉浦冷石

蜻蛉や叩くも墓の船大工/細谷不句

頭痛しと頭を叩く音や春/池田澄子

愛妻家小西昭夫氏蝿叩く/小西昭夫

揚羽蝶遠忌の柱叩くかな/柿本多映

栗叩く音に首あげ薩摩鶏/倉橋羊村

新緑や仰ぎて叩く楡の幹/望月皓二

戸を叩く狸と秋を惜しみけり/蕪村

北向やこんこん叩く厚氷/尾崎紅葉

思ひ切り地球叩く西瓜割/阿部一彦

半漁の一戸を水鶏叩くなり/森田峠

地を叩く夫の縄飛び春隣/蕪木啓子

古暦丸めて犬の頭を叩く/岸本尚毅

桐落葉乾ける土を叩くなり/上村占

鉦叩山鳴熄めばまた叩く/米谷静二

俳句例:61句目~

連翹や田水を叩く海の雨/斉藤美規

棒をもて少年春の水叩く/吉田木底

誘惑の雨でで虫の殻叩く/前川/実

鴨の骨叩く音なり二階まで/後藤綾子

黒瀬川岐てる島に豆叩く/中戸川朝人

小夜更けて氷を叩く隣かな/正岡子規

山吹や月の戸叩く武者一騎/正岡子規

山吹や藁屋を叩く武者一騎/正岡子規

黙々と西日の中に胡麻叩く/田中冬二

山笑ひ初むや帽子で膝叩く/岩月星火

山鳩や数へて母の肩叩く/冨山としを

こもり音に啄木鳥叩く又叩く/原石鼎

さびを聞け氷を叩く竹柄杓/正岡子規

幹どこを叩くも鉄の音や冬/橋本榮治

掛乞の留守を叩くや竹の門/正岡子規

文人とかかはり鴨の骨叩く/水谷芳子

とうすみやまた雨叩く水の面/岸田稚

新蕎麦や月下に叩く俳諧寺/小川牛里

暑し都両手で叩く甕の胴/宇多喜代子

朝来ると山小屋叩く星鵜/伊藤いと子

俳句例:81句目~

金物で叩く音する切子かな/岡田史乃

樹木医の叩く樹の音春浅し/辻本孝子

瀬の音に尾羽を叩く黄鶺鴒/堀川草芳

生凍豆腐叩く谺や寒未明/小佐田哲男

病床に心いらちて蚊を叩く/正岡子規

まろび寝を水鶏叩くや胸の上/森澄雄

短夜や頻りに叩く医者の門/正岡子規

砂叩く雨に昼顔花やぶれ/岡本無漏子

秋高し駅員手旗で肩叩く/田川飛旅子

稲妻に怯ゆる牛の背叩く/倉重其粧亭

童出て犬の子叩く余花の宿/岡本松浜

籾伏せが叩く苗田の泥日輪/羽部洞然

縄とびの縄啓蟄の地を叩く/辻田克巳

一芸と言ふべし鴨の骨叩く/右城暮石

胡麻叩く千手千眼観世音/井上みつこ

腰叩く刈田の農夫誰かの父/西東三鬼

腹擦りて鮭のぼる瀬を叩く雨/有働亨

人探すことも忘れて蝿叩く/田沼文雄

舟ばたを叩く上げ汐春近し/田山諷子

舷を叩くが習ひバナナ売り/吉田鴻司

タイトルとURLをコピーしました