クルスを使用した俳句

クルスに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

クルスを含む俳句例

クルス下げ天草娘春田打つ/筍吉

墓を守る歪なクルス冬菫/尾田明子

玄関に架けし十字架や冬館/辻桃子

春光やクルスを刻む鬼瓦/水原春郎

帰りにもクルスの塔に初鴉/中野道子

高原の聖堂クルス照る五月/大橋敦子

芋嵐隠れクルスを島に秘め/磯野充伯

冬泉クルスを胸に少女過ぐ/村田白峯

秋天にクルスは白を色とせる/有働亨

南蛮のクルス模様の火鉢かな/上村占

夕まぎれ山鳥を聞くクルス山/松永弘

教会のクルスを残し蔦茂る/渋谷麻紗

鶯のクルスの墓に来て啼ける/石山高子

尼涼し胸のクルスも指輪も木/田村了咲

料峭や菰冠りせるクルス墓/下村ひろし

春光のクルス三角島の穂に/下村ひろし

灯籠にかくれクルスや葛の花/足立和信

秋空に尖塔のクルスやゝ歪む/相馬遷子

街灯はあまたのクルス鳥渡る/対馬康子

迷ひ来てクルス墓原時雨けり/小林康治

俳句例:21句目~

枯野の涯一点光るものクルス/成瀬櫻桃子

外人墓地十字架の間を落花抜け/高澤良一

クルスよこぎる鴉の全身長崎は/伊丹公子

白子干す女の胸にクルス揺れ/天野きらら

出土クルスまろばせ祀る泉の辺/下村ひろし

胸に秘むクルスのやゝに汗ばみし/高濱年尾

良夜にて月の缺けゆくクルス山/下村ひろし

クルス胸に半農漁夫の蔓たぐり/下村ひろし

行水の子の首にあるクルスかな/夏井いつき

小春日のクルスうするる供養塔/塩谷はつ枝

露けさの亀甲墓碑はクルス削がれ/下村ひろし

きのこ雲へ熱いクルスの日傘ショウ/八木三日女

タイトルとURLをコピーしました