仏彫るを使用した俳句

仏彫るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仏彫るを含む俳句例

彫りかけの仏尊し遅桜/加藤国彦

鉈彫の一仏花菜明りかな/長田等

鑿彫りの誕生佛の乳と臍/辻桃子

ドル箱の木喰上人仏彫る/宮崎重作

乾鮭は仏彫る木の荒削り/渡辺水巴

石垣に仏彫る寺の清水哉/正岡子規

笹鳴やけふ開眼の木彫仏/伊東白楊

老鴬や鉈彫なれど美男仏/岡田貞峰

蛍火は闇に仏を彫るごとし/大串章

あら彫りのままの仏に初燈/西川光子

丹の透ける木彫仏や蟻地獄/小島花枝

春塵や寸の仏も彫ふかく/大橋櫻坡子

仏彫る木屑も仏青葉木菟/木村里風子

仏彫る里にもじずり咲きにけり/林徹

石に彫る佛とびちる葛の花/野呂春眠

秋風や花鳥彫りたる仏の扉/橋本鶏二

鉈彫の秘仏はくらし初薬師/北澤瑞史

岩彫りの仏ひたせる清水かな/吉田冬葉

仏体に彫りすすむさま冬の菊/友岡子郷

仏彫る石飛び散つて初時雨/栗田ひろし

俳句例:21句目~

仏彫る耳より冷ゆる寒夜かな/山口燕青

仏彫る音の乾ける冬はじめ/尾崎よし子

春光や掌にのるほどの仏彫る/伊藤美喜

木彫仏冬ざれ空に眼をつむり/河野南畦

目鼻彫ればすなはち仏柿落葉/田中水桜

荒彫りの仏匂へり山つつじ/福島せいぎ

鉈彫のしばれ傷もつ円空仏/新谷ひろし

佛彫る石屋に花野はじまれり/中戸川朝人

御御足から彫りし仏や梅日和/前原早智子

手彫り仏未完のままの秋思かな/斉藤茂子

人が彫り露が彫りたる磨崖仏/鷲巣ふじ子

雪中花いちにち倦まず仏彫る/つじ加代子

千鳥聞きしや仏彫る鑿とどめては/村松紅花

仏の扉ひらかれて雪深き夜の人人/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました