とわを使用した俳句

とわに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

とわを含む俳句例

蒟蒻はとわにふるえて春の雪/池田澄子

とことはに添ふも椽や春彼岸/清治法子

冬の虫言はぬ一言とはに生く/加藤楸邨

壁白くああ大試験とはに済む/下村槐太

母の忌はとはに青梅雨青葉闇/高橋睦郎

永久歯とはに抜け落つ麦の秋/桑原三郎

純白の水泡を潜きとはに陥つ/三橋敏雄

芝ざくら遺影はとはに美しき/角川源義

芭蕉忌やとはに淋しみ古俳諧/村上鬼城

とことわに逃げるかたちの波頭/齋藤康子

啄む鳥おどろく蚯蚓とわに在れ/池田澄子

とことはに墓は語らず竹の秋/大峯あきら

とはに我を透き抜けていく夏燕/寺田澄史

形代のわが名はとはに俯ける/中尾寿美子

戦火なき世のとはにあれ初詣/上田正久日

春の沖汽船はとはによこむきに/齋藤愼爾

木蓮のとはに散らざれ今に散れ/尾崎迷堂

温泉のとはにあふれて春尽きず/高浜虚子

眼中のはなびらとなりとはにとぶ/原田喬

菊あふれ歳月とはに薫るべし/小松崎爽青

俳句例:21句目~

黒揚羽胸中を過ぎとはに過ぐ/小檜山繁子

はまなすや啄木とはに老ゆるなし/西本一都

とことはに黄味さす父母や神無月/三橋敏雄

極月や三十日のなげきとことはに/石塚友二

涅槃像あなんの顔のとはに哭く/吉岡禅寺洞

玉虫のむくろのとはに瑠璃光り/浅井青陽子

鼠出てわが家の神はとはに留守/小檜山繁子

とことはに夢見る眼なり雪しんしん/林原耒井

林檎掌にとはにほろびぬものを信ず/国弘賢治

悲し小禽つぐみがとはに閉ぢし眼に天のさ霧は触れむとすらむ/新井洸

倒れ咲く向日葵をわれは跨ぎ越ゆるとことはに父、敗れゐたれよ/小池光

タイトルとURLをコピーしました