波の穂を使用した俳句

波の穂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波の穂を含む俳句例

松虫や夜の波の穂見ゆる原/秋櫻子

初富士や浪の穂赤き伊豆相模/格堂

波の穂の金色に散る実朝忌/大木/茂

湾奥へ波の穂が駈け春一気/奈良文夫

飛の波の穂を追ひ穂におちぬ/原柯城

波の穂に驚き易き千鳥かな/城谷文城

鮑桶高浪の穂につと走り/鈴鹿野風呂

波の穂のみなわれに向き青岬/藤井亘

波の穂の月にこぼるる白網/平賀扶人

波の穂の蠢いてゐる朧かな/鈴木貞雄

暁紅に波の穂染まり鷹渡る/斎藤朗笛

橋脚を洗ふ波の穂初明り/ふけとしこ

ふくらんで波の穂にのる都鳥/雨角玲子

冬波の穂のちぎれとび壇ノ浦/桑田青虎

夏曉の浪の穂に生れ陸みどり/桂樟蹊子

波の穂の段なすひかり蛍烏賊/福山志づ

雲海の波の穂はしる御来光/水原秋櫻子

しはぶくや冬浪の穂の明るさに/内藤吐天

のこりたる波の穂ばかり流し雛/橋田憲明

佐渡見えて土用波の穂波を截る/沢木欣一

俳句例:21句目~

水鶏ゐて波の穂白く明けそめぬ/加藤楸邨

波の穂に現るる国後島鱈を干す/山本雅子

波の穂に襲ひかかりしとんどかな/岸田稚

波の穂はさうびの闇に来て光る/岸風三楼

波の穂も若布刈の棹も光るなり/宮下翠舟

簀にしづむ波の穂ばかり簗も末/皆吉爽雨

波の穂の風に揃はぬ二月かな/鈴木真砂女

浪の穂にうかぶも一羽秋の鵜は/佐野まもる

浪の穂やまぎれで遠く飛ぶ千鳥/東洋城千句

霙れそむ波の穂光ゲの夜に消ゆる/石原八束

ギブアツプ/いやいや波の穂が光る/大平/愛

波の穂のおぼろおぼろをたゝみ航く/橋田憲明

サンタマリヤで支える波の穂ゆれやまぬ/八木三日女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました