白木を使用した俳句

白木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白木を含む俳句例

秋風や白木の弓に弦張らん/去来

寒造り白木の樽に米沈む/三好曲

父が残せし櫂も白木に冬鴎/中拓夫

早咲の梅に與けて白木箸/高橋睦郎

鉄筋の堂に白木の花御堂/秋山暮谷

あきかぜや白木の弓に弦はらん/去来

冬枯や葬具たためば一白木/近藤一鴻

昼月や白木の鵜舟白緒結ひ/吉野義子

白木地のこけしは昨夜の雪女/広岡仁

福藁や開け放ちある白木門/高橋悦男

朝寒み白木の宮に詣でけり/夏目漱石

葉桜や白木まぶしき長柩/片山由美子

裏門は白木のままに寒施行/満田春日

除夜満月宮島に買ふ白木盆/吉野義子

鱈干場白木の厨子に弁財天/小林雪雄

ひらめかす白木の杖や秋の浜/中川宋淵

国栖奏や白木の笛の高しらべ/大橋敦子

夜鴨聴く女体白木の湯に沈め/吉野義子

新絹や白木の台のすがすがし/角田竹冷

春雨に白木よごるゝ宮ゐかな/正岡子規

俳句例:21句目~

月祀るくさぐさ白木三方に/猪俣千代子

白木てふ虫の闇より担ぎくる/斎藤梅子

白木の門押しひらきあり弓始/永島靖子

神還る風に置かれし白木椅子/岸原清行

紅帛を巻きし白木の神輿かな/京極杞陽

聖菓食ぶ部屋に白木の神の棚/品川鈴子

父よ汗消えなばやがて白木の森/渋谷道

御身拭御胸に白木の梯子掛け/都合ナルミ

御造営の白木を濡らす時雨かな/西山泊雲

若水桶白木の軽さありにけり/高木みつ子

しんがりは白木造りの神輿渡御/市村究一郎

冬薔薇に埋もれておはします白木/川崎展宏

白木戸をとおるときみな白うさぎ/阿部完市

薫風に白木の位牌焚きにけり/飯島晴子「寒晴」

タイトルとURLをコピーしました