白猫を使用した俳句

白猫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白猫を含む俳句例

白猫は汚れ泰山木の花/依光陽子

枯芝に白猫飛ぶや黙読す/中拓夫

白猫のみるみる穢れ冬隣/福永耕二

白猫のひらりと沈む金葎/渡部良子

白猫に炎昼の光古びたり/西矢籟史

白猫の松を降りくる灌仏会/星野恒彦

白猫の田を渡りくる神無月/古舘曹人

白猫の綿の如きが枯菊に/松本たかし

白猫の通ひ路となる萩の庭/横山房子

枯草原白猫何を尋ねゆくや/石田波郷

釈朝風白猫抱いて月を行く/松村蒼石

霧の世にときに明白白猫族/阿部完市

白猫に真つ黒子ねこ聖五月/片山亀夫

露の屋根へ白猫躍り上りけり/原石鼎

露無限つひに白猫を抱擁す/岩田昌寿

高枝に白猫隠もる梅雨の槇/宮武寒々

傷つきし白猫月が癒すなり/宮坂やよい

白猫に不実な霰ふりかかる/宇多喜代子

白猫に乗りて死にゆく梅の花/攝津幸彦

白猫の見れども高き帰燕かな/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

白猫の白もてあます秋の昼/佐藤智恵子

白猫の恋のはじめの闇夜かな/藤本始子

白猫やとかげ喰ふてふ閨の秋/飯田蛇笏

なまめきて白猫ひとつ花野かな/小池文子

向日葵と白猫ともにふりむかず/堀口星眠

白猫のうづくまる如夜の牡丹/上野さち子

白猫のみれどもたかき帰燕かな/飯田蛇笏

盲ひ子の座右に白猫ながし吹く/飯田蛇笏

花卉秋暑白猫いでゝ甘まゆなり/飯田蛇笏

露なめて白猫いよよ白くなる/能村登四郎

白猫をゑがく火桶をとほざくる/松村蒼石

やまぶきこでまり白猫と喪の夫人/窪田丈耳

白猫の俄か閉ざす目メーデー歌/河野多希女

菊の原白猫散り散りはるかになりぬ/阿部完市

タイトルとURLをコピーしました