親不知を使用した俳句

親不知に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

親不知を含む俳句例

春陰の海の底鳴り親不知/蒼石

海髪掻に岩襖たり親不知/下田稔

秋風や白雲迷ふ親不知/正岡子規

一月の沖へ石曳く親不知/波戸岡旭

親不知子不知葛の花縮む/松山足羽

親不知抜いて終りし夏休/阿部佑介

冬涛や微動だにせぬ親不知/駒野英明

冷まじや海の底鳴る親不知/尾関華陽

波の花空へ吹き上ぐ親不知/同村文彦

海光の無き親不知秋収め/深見かおる

満月は沖を離るる親不知/阿波野青畝

芭蕉忌や今も難所の親不知/三村純也

葛の葉へ海照り返す親不知/横島李邨

親不知生えつつめぐる厳島/高柳重信

親不知あたりと思ふ盆の月/本岡歌子

親不知子不知梅雨の岩と波/福田花仙

親不知沖鈍色に海猫帰る/戸塚あらた

親不知生えつつめぐる厳島/高柳重信

十六夜の村のはづれに親不知/伊藤柏翠

大寒の濤立ち上がる親不知/合田ミユキ

俳句例:21句目~

日照雨して御七夜荒れの親不知/志奈子

秋の浪寄せて返さず親不知/粟津松彩子

稲架裾にしぶく荒海親不知/逢坂月央子

親不知子不知春の雪降れり/島村ひろ子

親不知抜けとの予告閻魔の日/柏木志浪

親不知這ひあがり来る葛を刈る/森田峠

鱈汁に骨の立ちたる親不知/山本千代子

サイダーの泡がとびちる親不知/高橋悟憧

北の星とびはじめたり親不知/阿波野青畝

水打つて親不知駅たれも居ず/永田耕一郎

海の日のつるべ落しや親不知/阿波野青畝

親不知越えて来しよと早桃売り/吉田飛龍子

雁渡る空に迫るや親不知/旅一筋/安藤和風

隧道より蝶が出てくる親不知ゆくえもしらぬ夏の末方/岡部桂一郎

タイトルとURLをコピーしました