黒牛を使用した俳句

黒牛に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

黒牛を含む俳句例

斑牛黒牛牧は朝曇/市川典子

黒牛を磨く男に土用東風/下田稔

秋冷の黒牛に幹直立す/飯田龍太

肥後赤牛豊後黒牛草紅葉/瀧春一

三月や丘に黒牛出揃ひて/高橋悦子

青柿や丹波黒牛その仔牛/右城暮石

黒牛にかつと夏来て桑畑/臼井千鶴

黒牛は大根の花食い残す/宇多喜代子

土用三郎黒牛に乗り来りけり/中条明

時鳥黒牛黒いグランドピアノ/藤野武

黒牛の黒瞳が聴いて法師蝉/香西照雄

黒牛の眸と枯野の眼われに向く/原裕

炎昼の黒牛舌を見せず食む/桜井博道

旅五日黒牛ばかり見てすごす/中山純子

秋草を背負ひ黒牛引いて行く/高木晴子

肥後の赤牛豊後黒牛冬草に/鈴木真砂女

角矯めてなお黒牛や露しぐれ/橋石和栲

黒牛が鋤きて丹波の神の御田/茂里正治

黒牛が駅に顔入れ菜の花嗅ぐ/加藤楸邨

黒牛の疲れ癒えざる新春野/殿村莵絲子

俳句例:21句目~

黒牛の腹の底より白息吐く/殿村莵絲子

黒牛の鼻面にある梅雨あかり/高井利夫

黒牛を越ゆ夏蝶のあらあらし/那須淳男

黒牛若し春昼の炉火馬臭し/加藤知世子

髪濡れてゐれば黒牛怖ろしや/八木三日女

うつうつと黒牛を乗り殺したり/桑原三郎

黒牛ゐて雪焼け一家に田が湿る/桜井博道

紫雲英田に入りて黒牛喰み始む/沢木欣一

黒牛の瞳を消すまつ毛冬ぬくし/赤松けい子

森がうごくのだ黒牛の逃亡経路/中村加津彦

はまなすや黒牛は遠灘のごとし/田口満代子

秋雨の黒牛は仏陀のごとく濡れよ/富澤赤黄男

黒牛やうつうつとして翔ぶもあり/国武十六夜

汗光る黒牛押せども押せども啼かず/川口重美

タイトルとURLをコピーしました