山墓を使用した俳句

山墓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山墓を含む俳句例

山墓の巨石がまとふ夏谺/原裕

蜜柑山墓山同じ傾斜もて/長田等

山墓や燈籠ひくゝ賑かに/原石鼎

山墓へ西瓜畑を登りきし/辻桃子

山墓の石も巷も露の秋/石塚友二

山墓の屯す如し草紅葉/松本たかし

宣長の山墓みちや冬の蟹/小林蛍二

山墓に声ひんやりと烏瓜/関戸靖子

山墓へ火の帯流し彼岸花/堂山久子

山墓へ残光ゆづり夕炬燵/香西照雄

山墓の高きに登り濤の白/近藤一鴻

春意とは山墓箒立てしまま/赤尾兜子

時かけてめぐる山墓やまざくら/原裕

山墓に薄暑の花の鬱金かな/飯田蛇笏

山墓の一つがふえて雨の鷽/斎藤小夜

山墓の枝につられし盆燈籠/飯田蛇笏

山墓の燭すぐに消ゆ彼岸寒/有村節香

賊の名に死すや山墓紅葉冷/古館曹人

冬霧のおりる山墓すでに濡れ/木村蕪城

山墓へ影を自在に三十三才/藤田千恵子

俳句例:21句目~

山墓のくらさ綿虫ただよはす/吉田未灰

山墓のうちかたまりて昼霞/大峯あきら

後ずさり出来ぬ山墓洗ひをり/中山皓雪

山墓の見えぬ字ばかり虎つぐみ/原天明

木の葉降るお品嘉助の山墓に/高澤良一

秋立つや全山墓におおわれて/対馬康子

竹落葉山墓の音を踏みゆきぬ/山口草堂

山墓の葛は地を這ふ別れかな/古館曹人

山墓にしどみ実となる日和かな/森下紳一

山墓へ人の消えたる猫じやらし/関戸靖子

山墓へ藺草刈る香のとどきけり/坂本孝子

山墓に午後もうるほふ曼珠沙華/飯田蛇笏

山墓に仏ごとするいぬふぐり/猪俣千代子

山墓の濡るむらさめにしどみ咲く/飯田蛇笏

山墓ににはとり遊ぶ不器男の忌/池内けい吾

タイトルとURLをコピーしました