艀を使用した俳句

艀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

艀を含む俳句例

橋潜る艀の細身霜の河/小林康治

艀より通ふ童や豆の花/白井新一

艀から艀に猫が跳ぶ五月/旭昭平

夏草や海に傾く艀小屋/大野紫陽

蚊喰鳥艀溜りの軋む音/皆川盤水

艀妻暗き海へも豆を撒く/塩川雄三

枇杷の箱端しく積みて艀来る/篠原

七夕竹艀一族見られけり/小林康治

七輪が保つ艀の廚の位置/木村柑夫

根深汁艀を舟が離れゆく/彌榮浩樹

人声籠る艀雪被て華ぐも/小林康治

歩み板はづし艀の寝正月/守矢牧彦

冷かや汽船と艀浪の中/大場白水郎

墨堤に年の豆打つ艀人/御子柴光子

夕凪の茄子一鉢の艀に老ゆ/中拓夫

髪置や白粉つけし艀の子/宇治五岳

濯ぎつつ炊ぐ師走の艀妻/道川虹洋

盆が来て水の飛沫の艀妻/友岡子郷

王宮も艀も厚く雪を被る/品川鈴子

故郷の艀舟嬉しき夏帽子/会津八一

俳句例:21句目~

除虫菊島山ちかみ艀来る/石川桂郎

艀溜夜涼の波のひたひたと/瀧春一

日覆の古りし艀や秋の風/高濱年尾

いわし雲母船へ急ぐ艀舟/冨田みのる

闘ふ艀の陽炎勁し襁褓干す/小林康治

黒い運河の艀密着して眠る/赤松太郎

八月や艀ふたげる癈運河/八木林之介

雪飛ぶ艀女が炊ぐ尻立てゝ/小林康治

霧の郵便艀だまりは番外地/木田千女

鴨ゆくや水甕満たす艀妻/塩谷はつ枝

如月は艀のごとし空に波/石田由美枝

寒澄むや艀の細身貨車の胴/小林康治

年を越す艀上下に微動して/池田秀水

父と子の艀を磨く年の内/川中千寿子

真夜寄港闘積み込む艀あり/大橋敦子

艀まで灯の届きゐる地蔵盆/中村石秋

舷に艀軋り合ふ夜霧かな/楠目橙黄子

艀にもとどく石焼藷屋の笛/池田秀水

艀の犬秋日が赤き陸を吠ゆ/右城暮石

艀よりマスク大きく登校す/竹下流彩

俳句例:41句目~

艀呼ぶ旗が揚りぬ時雨中/五十嵐播水

艀見ゆ入社試験に来し窓は/下村槐太

軍艦入港朝の艀に乳張らせ/金子兜太

輪飾のただよふ艀溜かな/吉田ひろし

冬夜明けゐたり艀が転覆して/右城暮石

千切るパン艀をなでる夜の息/赤尾兜子

月の出の艀だまりや冬の雁/小島千架子

日盛りの艀溜りの動くなし/五十嵐播水

舟虫の逃足艀のゆれかすか/山本つぼみ

旗立てて街なす艀初凪げり/五十嵐播水

花南瓜艀へ伸びて津や古りし/茂里正治

手花火す難民のごと艀に揺れ/友岡子郷

蝙蝠や街の湯へ行く艀の子/木村里風子

返り梅雨身売り艀が炊ぎをり/小林康治

秋の昼ぼろんぼろんと艀ども/神生彩史

雛の夜や艀もその灯さし交し/大野林火

雪の運河艀火を焚く氷るため/小林康治

夕刊配り艀の寒き灯にも来て/手島靖一

ひろしま忌艀は小さき鉦を打つ/木田千女

乙女がつくる八十八夜の艀の火/鈴木鷹夫

俳句例:61句目~

土用波喰つて艀船の着きにけり/松藤夏山

艀待つ郵袋ひとつ浜かんざし/久保千鶴子

船料理果ててそのまま艀置く/原田かほる

霞む艀も若しや襁褓はためかせ/小林康治

艀より降りて冬田にきてをりぬ/前田倫子

海打つて艀下ろされぬ大南風/大橋櫻坡子

花どきの揺れに搖れつゝ艀ども/川崎展宏

覗かるゝ暮らしに馴れて艀の子/西東州美子

艀の夕餉に倉庫を曲るまで見られ/金子兜太

陸に来てあばれ独楽打つ艀の子/町田しげき

海をみだらに染めるネオンを截る艀/穴井太

舟へ「速達」霧と艀の比重を身に/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました