寒の雲を使用した俳句

寒の雲に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寒の雲を含む俳句例

冬木立寒雲北に滞る/芹村

寒雲へ浦上へ坂登るべく/林翔

寒雲や草木魚介畏めり/齋藤玄

寒雲や尻骨高く張りて牛/有働亨

寒雲の屯すところ二上山/細見綾子

老残の樹々が鎧える寒の雲/三谷昭

寒雲や太芽かざすは朴と橡/石田波郷

寒日をゆく寒雲や軒つらゝ/京極杞陽

寒雲より垂れ来て塔や野菜市/有働亨

寒雲のいま柿色に燃えつきて/三谷昭

寒雲のひねもす坐る峡の空/木下夕爾

寒雲を火の山に据ゑ鳶の舞/佐川広治

束の間や寒雲燃えて金焦土/石田波郷

母子寮の死や寒雲を窓に嵌め/三谷昭

多摩蘭坂ぶるんと寒の雲の尻/安西篤

寒雲の夕焼けはしいくさ勝つ/渡邊水巴

寒雲の満ちをり更に充ち動く/右城暮石

寒雲の端かがやける小原かな/加藤耕子

寒雲や吾が顎髭はアイヌ系/磯貝碧蹄館

寒雲をこぼれし灯かも開拓地/堀口星眠

俳句例:21句目~

ひと寝入りせし間に寒雲空に満つ/篠原

夕富士に寒雲こぞる別れかな/佐藤脩一

天闢くごとく寒雲きえゆけり/飯田蛇笏

神の梅寒雲は夜もほのかなる/飯田蛇笏

寒雲に娘の歳月とどまりて/柴田白葉女

寒の雲大き先生の死に遭ひぬ/内藤吐天

寒雲の充ちをり更に充ち動く/右城暮石

寒雲の影をちぢめてうごきけり/石原八束

寒雲の剥がれゆく日に烏賊洗ふ/木村蕪城

寒雲に角ごと向きて牛啼けり/北原志満子

寒雲の燃え尽しては峡を出づ/馬場移公子

薬煮るやゐざり迫りに寒の雲/鷲谷七菜子

寒雲やここが墳墓の地かも知れず/内藤吐天

焼けをはるより寒雲となりゆくも/千代田葛彦

寒雲のはびこるは糊塗するに似つ/相生垣瓜人

タイトルとURLをコピーしました