食器を使用した俳句

食器に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

食器を含む俳句例

食器みな白く円形夏木立/須川洋子

槲林の明るい卓の漂養食器/瀧春樹

洗ふとて食器二三や昼の虫/岡本眸

厨房の食器の音やきり~す/滝井孝作

旱星食器を鳴らす犬と石/秋元不死男

晩涼や食器ひたして水歪み/伊藤京子

正月や夜の食器は灯の下に/細見綾子

秋の湾人の疎らな食器売場/川崎展宏

食器には皆蓋のあり万愚節/高澤良一

食器沈む川にあつまる赤蜻蛉/中拓夫

食器白く月光乾きゆく冬田/大井雅人

ひと組の食器に馴れて春深む/川野洋子

対になる食器ばかりや秋の卓/飯村豊子

山猫が食器の上で死んでいる/佐藤康二

暑き夜の水ほとばしる病食器/飯田龍太

朝なれば食器の音も冬の薔薇/細見綾子

朴落葉仔犬の食器おほひけり/堀口星眠

秋雨や食器静かに触れ合へる/山田弘子

硝子食器にの骨鳴る中流家族/永島靖子

食器冷え眩暈のごとく鴎ふゆ/中嶋秀子

俳句例:21句目~

食器重く座せば冬日は分裂す/岩田昌寿

向日葵や食器鳴らして猫を呼ぶ/武川一夫

戯曲よむ冬夜の食器浸けしまゝ/杉田久女

杉の暗さの崖の滴り食器置かれ/桜井博道

秋風に食へよ食器に音をさせ/石橋辰之助

老人の食器を舐むる二月かな/磯貝碧蹄館

食べてすぐ洗える食器神の留守/寺田京子

食器持って集まれ脳髄の白い木/西川徹郎

食器清水に浸し一山の昼寝僧/楠目橙黄子

柿の花ほとけの食器みがきけり/浜田きみ子

食器遊る烈しき火を焚く蟻もきて/寺田京子

秋刀しっかり食器の空気も食べられる/加川憲一

河童忌やあまたの食器石に干す/飯田蛇笏「椿花集」

秋の朝卓の上なる食器らにうすら冷たき悲しみぞ這ふ/前田夕暮

タイトルとURLをコピーしました