都会を使用した俳句

都会に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

都会を含む俳句例

都会顔田舎顔の子海水浴/林田亭夫

靴裏に都会は固し啄木忌/秋元不死男

極月の都会に来り籤を買ふ/加藤芳子

別れ棲む都会と田舎寒の餅/福田蓼汀

風鈴の咫尺に都会動くなり/山本歩禅

駱駝負ふ都会の砂漠花曇り/渡辺恭子

春愁は人なき都会なき海/野見山朱鳥

どつと着く都会の日傘美山村/山田弘子

夕暮れの都会は病めり鳥渡る/仙田洋子

濃き虹が都会の憂鬱にかかる/京極杞陽

蜘蛛の罠金泥の都会暮れなづむ/三好城

盆といふ都会の過疎の週の雨/鈴木栄子

都会よりもどる夜ふかし初蛙/馬場移公子

陽炎にガラスの都会揺らぎけり/白崎冨美

雨すこし都会寝入りの裸子へ/さかすみこ

どこにも蚯蚓人は都会へ集まれる/宮坂静生

ひとり暮し増えゆくという都会の灯/林壮俊

寝呉座して都会疲れの吾が子かな/佐竹たか

都会にも野辺の径ありナルコビエ/高澤良一

都会の昼一個のボール転りゆき/鈴本六林男

俳句例:21句目~

都会の谷間彼の素姓は知らない/奥野ちあき

のっぺい汁妻の都会になじめざる/柴崎左田男

モネを観てミロ観て都会日短か/野見山ひふみ

誰も彼も都会のさびしいバクテリア/松本恭子

無機質なナルシスト群れる都会の森/渡辺朱穂

無電とぶ都会むらさき色の餡をねる/赤尾兜子

そら豆の花咲く/都会へいった子らよ/赤堀碧露

枯れ葉くるくる都会の好きなつむじ風/岩間民子

糞尿車が都会の横顔をひいていつた/吉岡禅寺洞

都会の雑音に朝となり花が散りゐたり/栗林一石路

ぶらりとライオン都会の赤児が眠っている/坪内稔典

ここ草原から都会の憂鬱が見えている気球/栗林一石路

都会のあさのかみくず日雇女に怒りがある/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました