歯型を使用した俳句

歯型に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

歯型を含む俳句例

桜餅歯型残して子は外に/河野弓子

鉛筆に残りし歯形卒業す/古屋/元

美しき栗鼠の歯型やーつ栗/前田普羅

ほきとをる下駄の歯形や霜柱/夏目漱石

人恋へば林檎の歯形さへ著く/川口重美

峡湾は暮しの歯型雪降り降る/佐藤鬼房

庭下駄に犬の歯型や地虫出づ/高城圭子

箱眼鏡父の歯型を噛みしむる/西田飄石

青林檎イブの歯型の明るさよ/仙田洋子

噛みとりし林檎の歯型雪しきる/加藤楸邨

少年よ物に歯型をのこす遊び/佐藤三保子

おとうとに鼠の歯型さるすべり/増田まさみ

どんぐりに栗鼠の歯型よ新月なり/村越化石

冬の喫泉コップの歯形は誰が歯形/宮坂静生

栗拾ふ栗鼠の歯型のつくものも/田中佳嵩枝

食べかけの柿の歯型もそのままに/石川文子

鵜が取りし鮎に二本の鵜の歯形/富森喜美子

林檎に子の小さき歯型ころがりをり/葭葉悦子

タイトルとURLをコピーしました