鴨居を使用した俳句

鴨居に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鴨居を含む俳句例

書初を一々つるす鴨居かな/篠原

鴨居より下に春山美しや/上野泰

鵙高音鴨居閾のひきしまり/上野泰

火縄銃鴨居に残る避寒宿/松本幹雄

紙痩せて鴨居に傾ぐ古暦/佐藤棗女

人日の鴨居支ひの身丈かな/能村研三

八月やいまも鴨居に御紋章/柿本多映

干し菜汁鴨居隠しに鯨尺/宮澤せい子

春霖や鴨居に眠る二尺指し/伊達洋子

舟宿の低き鴨居や花八つ手/壺井久子

襖みなはづして鴨居縦横に/高濱虚子

金甲三百鴨居に光る夏館/下村ひろし

雛段に横たはりをる鴨居かな/上野泰

鴨居より木槍をはづす夏祭/長谷川双

鴨居れば鴨見て渡る渡月橋/大山智子

かいま見し鴨居の遺影古簾/服部たか子

一月も終わる鴨居の戸道かな/池田澄子

細目あけ鴨居かたむき昼寝覚め/上野泰

鴨居まで日の届きゐる神迎へ/能村研三

狩衣の鴨居にゆれて鷹の声/平井さち子

俳句例:21句目~

鴨居先づ打つて入り来し兜虫/京極杞陽

琵琶一曲月は鴨居に隠れけり/正岡子規

いくたびも鴨居にさわる夏の僧/永末恵子

夏山の立てば鴨居にかくれける/京極杞陽

寝るとせん鴨居の月となりたれば/森田峠

影抱いて蚰蜒の居る鴨居かな/島村元句集

時雨して鴨居明るき灯をともす/右城暮石

物差しが鴨居にありてさくら時/中山純子

鴨居に頭うつて坐れば水貝よ/波多野爽波

鴨居の辺露の香明日の婚衣裳/平井さち子

鴨居より吊り下げてあり繭秤/飯島信濃坊

鴨居這ふ百足虫に刻を奪はれし/田中瑞穂

三寒の鴨居が部屋をひとめぐり/正木ゆう子

朱鳥忌の鴨居に釘のある二月/野見山ひふみ

目に青葉鴨居にかけて袈裟を干す/北野民夫

鴨居見て蚊帳の吊り手の懸け方など/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました