人数を使用した俳句

人数に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

人数を含む俳句例

朝の間や屠蘇の笑ひも内人数/元器

湖に障子を洗ふ人数かな/佐藤梧林

其人数汐干の船を押し行くよ/最古

追悼のよき人数の春火桶/大橋敦子

雪山へ向ふ人数恃まるる/山田弘子

堤走る人数あり秋晴るゝ里/久米正雄

夏の野を大木運ぶ人数かな/赤木格堂

人数の定まらぬ会豆の飯/永森ケイ子

人数の少なきも亦夏行かな/高木晴子

人数を何度もかぞへ山帰来/如月真菜

田の鴈や里の人数はけふもへる/一茶

磧にも人数の見えて祭かな/尾崎迷堂

花茣蓙の二枚の人数川下り/清崎敏郎

包丁で人数かぞへ西瓜切る/平間たけし

焙炉場の人数をききに婢来る/高野素十

人数読む山先達や霧の中/菅原師竹句集

初蝶にかたまり歩く人数かな/高野素十

綱太く引きも撓まぬ人数かな/小澤碧童

蕪村忌の風呂吹足らぬ人数哉/正岡子規

邪魔となるほどの人数溝浚へ/吉永匙人

俳句例:21句目~

田の雁や里の人数はけふもへる/小林一茶

あらはれて踊の人数つづくなり/後藤夜半

かの松のもとに野焼の人数かな/高濱年尾

人とりし熊に鐘うつ人数かな/吉岡禅寺洞

人数には足らねど春の火桶あり/高濱年尾

川を隔てゝ復活祭の人数かな/金子せん女

探梅のこゝろもとなき人数かな/後藤夜半

月の人数へるほどを釣りにけり/山本洋子

雨乞ひの行者とりまく人数かな/渡辺香墨

沙羅落花かぞふ亡き人数ふごと/塚本久子

青瀬のふち梨を冷せり人数だけ/中島斌雄

たてよこと氷伐り行く人数かな/広江八重桜

芒野におぼれゆきたる人数かな/田畑美穂女

来る当ての人数の数の葛饅頭/宮城きよなみ

十人はたのしき人数ラムネ飲む/高田風人子

それがしも千両花火の人数哉/一茶/文政八年乙酉

タイトルとURLをコピーしました