黒土/を使用した俳句

黒土/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

黒土/を含む俳句例

黒土の庚申塚や朧月/許六

下野の黒土匂ふ春の雷/中嶋キミ

黒土の春に式後の女学生/草田男

飴袋黒土擦つて七五三/沢木欣一

細耕で隆め黒土七五三/香西照雄

黒土の匂ふ筍もらひけり/中里泰子

父の忌の黒土匂ふ貝割菜/皆川盤水

五月来ぬ水田黒土光噴き/相馬遷子

黒土に鉄骨植ゑぬ復活祭/香西照雄

千町歩の黒土みたす霜柱/菅沼義忠

黒土にまぎるるばかり菫濃し/誓子

黒土や芋の下総丘まるし/秋元不死男

むさし野の露の黒土菊咲けり/瀧春一

黒土色の下闇悔に立脚せよ/香西照雄

作州の黒土つけて芋届く/久永小千世

古藁塚の裾黒土に同化せり/柴田奈美

新馬鈴藷や黒土の窪器めく/香西照雄

梁強し黒土春雨吸ひつくし/沢木欣一

葦芽や黒土轢かれ道なさず/成田千空

黒土によき句かかばや葱の筆/中勘助

俳句例:21句目~

黒土の踏石に染みて油照る/内田百間

黒土にまぎるゝばかり菫濃し/山口誓子

靴音の消ゆる黒土初大師/鍵和田ゆう子

黒土に三ツ葉とびとび分教場/佐野美智

牛蒡掘る黒土鍬にへばりつく/高浜虚子

濡れてより待春の黒土となる/岩岡中正

黒土の坂の垂れたり十三夜/中戸川朝人

五千年まへの黒土薯を掘る/鈴木恵美子

種蒔いて黒土にいのち弾む日よ/三谷昭

鶏頭枯れ墓地の黒土匂ひけり/西村公鳳

種芋の呼気立ちあがる黒土帯/武田哲子

比良八講黒土に藁つきささり/赤尾冨美子

黒土をもらひて帰るみどりの日/永野祥子

黒土帯右腕関節が血をたらす/鈴木六林男

ひかりつよし此処黒土の雪解とて/川島彷徨子

黒土や草履のうらも梅花/一茶/文化八年辛未

サルビアの小花散りしく黒土のうるほふごとき夕べとなりぬ/尾崎左永子

タイトルとURLをコピーしました