三和土を使用した俳句

三和土に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

三和土を含む俳句例

農の三和土一冬の飢象なす/齋藤玄

山焼の匂ふ装束脱ぐ三和土/森本大樹

曲り家の三和土伝ひて昼蛙/高澤良一

燕待つ三和土の瘤に茶碾臼/古舘曹人

上蔟や三和土吹き抜く竹の風/内田典子

元朝の三和土日のさし苞の鯉/澤井我来

八月の寺の三和土に塩吹いて/中村祐子

宝達山晴れて三和土に葛晒す/大坪貞子

寒念仏旅館の三和土水に濡れ/杉木幽烏

水着より真水滴る夜の三和土/大屋達治

綿積んで綿屋の三和土秋のくれ/小澤實

色ありて三和土の鞠や秋のくれ/小澤實

春光の一条いつも三和土濡れ/横山房子

霜終へし鮪ころがり凍三和土/菖蒲あや

鳥の巣や三和土の匂ふ大古刹/今村征一

鷲の羽三和土にひろふ極寒地/小田欣一

龕燈の三和土にころぶ春の闇/古舘曹人

夕河岸の三和土氷塊けぶらへり/茨木和生

焼跡に遺る三和土や手鞠つく/中村草田男

由布青嶺翳ればかげる寺三和土/岸原清行

俳句例:21句目~

ていねいに三和土掃きます広島忌/古川塔子

でこぼこの三和土に艶や一の午/中戸川朝人

にはとりを三和土に飼ふや五月雨/高橋睦郎

三和土にて立ちながら割る寒卵/山口波津女

盛り塩の冬めく三和土濡れてをり/下田實花

離村せし三和土ののこり霰打つ/中戸川朝人

いぶり炭三和土に出して憎みけり/山口波津女

一語らひ三和土濡らして鵜よ眠たげ/石川桂郎

十五夜の三和土をよぎり霊その他/鈴木六林男

実梅籠三和土のくらさまとひたる/鈴木しげを

最期かも知れず三和土の蟲のこゑ/佐々木六戈

西日さす三和土のうへに西瓜買ふ/百合山羽公

しやりしやりと三和土に売られ寒蜆/金箱戈止夫

職工喫煙所夏草のあとを三和土とせり/細谷源二

飛行機倉庫三和土を照らす燈つきたり/細谷源二

タイトルとURLをコピーしました