競馬を使用した俳句

競馬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

競馬を含む俳句例

葉桜や競馬に動く億の金/長田等

競馬埓に入身のいさみ哉/榎本其角

中将の娘見初る競馬かな/正岡子規

鴨のこる池が真中競馬場/飯島晴子

眇して競馬新聞読んでをり/上野泰

春一番競馬新聞空を行く/水原春郎

芦毛より栗毛は早し競馬/正岡子規

競馬見る終に懐手を解かず/西村和子

つばめには縦横の天競馬場/平畑静塔

競馬見てもどりは陣の噺しかな/朱廸

競馬聴く短波放送日帰り旅/山本弥生

令嬢の煙草嗅ぎつつ競馬記者/三谷昭

盥乾く遠くに冬の競馬場/加倉井秋を

競馬場白系の騎手並み憩ふ/田村了咲

山川のすばやくなりぬ競馬/宮坂静生

一声の棚引きにけり加茂競馬/伊藤和義

一文字に烏帽子の葵賀茂競馬/亀井糸游

我が前に来て見定めぬ競馬哉/正岡子規

風吹てほこりにいさむ競馬哉/正岡子規

思ひよらぬ木末の声やくらべ馬/正岡子規

俳句例:21句目~

接木して待たれてをりぬ綾競馬/吉田亜司

精鋭のなべて社家の子賀茂競馬/田中騎生

松のひまを陽炎過ぐる競馬かな/尾崎迷堂

神籬に禰宜ぞ手かざし賀茂競馬/岸風三樓

競馬場しづかに秋の陽をみたす/吉田文吉

競馬果てぬ苺をひさぐ聲吃せり/横山白虹

さみどりの雨後の芝生の賀茂競馬/加藤子

四囲の山あを~とある競馬かな/鈴木花蓑

少女らの脚のびやかに競馬場/平岡喜美子

競馬場附近たま~みぞれけり/久保田万太郎

くらべ馬おくれし一騎あはれなり/正岡子規

競馬負け顔ぢゅう濡らし喫泉のむ/津田清子

競馬場むらさき丸の海が見ゆる/軽部烏帽子

二騎駆けり又二騎駆けり加茂競馬/山田正二郎

木がくれに見えそむ賀茂の競馬かな/野村泊月

撒水車の濡れが重なる競馬の負け/加藤かけい

小冠者の肌を脱ぎゐる競馬かな/吉武月二郎句集

曼珠沙華競馬の馬づまをあゆまする/水原秋櫻子

埒明けて目の塵払ふ競馬かな/暁台「暁台句集」

とおい小さい競馬の模様の朝のきもの/阿部完市

俳句例:41句目~

我恋ふる月毛のきみや競馬/素丸「素丸発句集」

競馬果てゝ人散る左京右京かな/志田素琴「山萩」

野馬追競馬指旗どれも弓なりに/上原瑞子/『燈台草』

タイトルとURLをコピーしました