侘しを使用した俳句

侘しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

侘しを含む俳句例

縁端の濡れて侘しや秋の雨/太祇

夏痩の頬に侘しや洗髪/寺田寅彦

侘しさの蚊帳に放つ螢哉/寺田寅彦

男手のやがて侘しき魂祭/杉山岳陽

独寝や夜わたる男蚊の声侘し/智月

菊膾あえかに侘しひとり旅/中村苑子

侘しさよ藁灰の中に燻る炭/寺田寅彦

歯固やかねて侘しき飯の砂/松瀬青々

なにか侘し飯蛸の飯とぼしきも/上村占

里侘しかけ菜が下のつり階子/加舎白雄

侘しさは夜著をかけたる火燵かな/桃先

松取りて侘しき心立ちて見る/島田青峰

侘しさや炬燵に焦げる蜘の糸/黒柳召波

明治草侘しき林なせりけリ/相生垣瓜人

寒桜侘しと見るに止めけり/相生垣瓜人

侘しさや更けては灯取虫も来ず/寺田寅彦

大根細く侘しきことやおでん鍋/中江百合

鶏鳴けば侘しさよする春日かな/富田木歩

木枯を旅ゆく夫を侘しとも/野見山ひふみ

枇杷の花侘しき夕日とどめをり/椎橋清翠

俳句例:21句目~

石を這ふ音の侘しき寄居虫かな/高田蝶衣

緑蔭の昼餉を蚋が侘しうす/竹中九十九樹

蔵開きよその見る目も侘しけれ/小沢碧童

青梅のにほひ侘しくもなかりけり/炭太祇

髪結うてなにやら侘し夕霧忌/近藤けい子

鳥の名のわが名がわびし冬侘し/三橋鷹女

家信絶えて暮れ行く秋の侘しさよ/寺田寅彦

侘しらに菊なつかしみ植ゑにけり/萩原羅月

波浮に泊つ侘しさ除夜の鐘聞かず/松尾緑富

蚊を追ふや粥煮ることの侘しさよ/椎橋清翠

奥蝦夷にさしかゝり梅雨侘しけれ/高濱年尾

外に立ちて氷柱の我が家侘しと見/高浜虚子

日かげればわけて侘しも枇杷の花/田中冬二

春愁や病めば子なきを侘しとも/川端紀美子

世なれゆくことの侘しき火桶かな/宮川鶴杜子

もののよすがもなくて侘しう雪に酌む/富田木歩

タイトルとURLをコピーしました