産毛を使用した俳句

産毛に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

産毛を含む俳句例

大声の春の満月うぶ毛貌/和知喜八

白光を放つ産毛も袋角/出口恵美子

老体に近づく裸にも産毛/高澤良一

七月の少女の産毛金色に/芦川巣洲

全身で哭く嬰の産毛汗光る/渡辺和子

白桃に諸行無常の産毛あり/櫂未知子

子の頬と同じ産毛の冷し桃/都筑智子

水泳に灼けて女の産毛消ゆ/辻田克巳

たかんなの産毛の奥の濃紫/宮津昭彦

笛を吹く頬の産毛や風光る/角谷昌子

潤ひて産毛に満ちて袋角/林徹「飛花」

竹の子の産毛ひかりを裸にす/河野南畦

耳たぶの産毛水菜を洗ひをり/中山純子

胞衣塚に産毛のごとく薺生ふ/辻田克巳

花も葉も産毛のうちに翁草/片山由美子

野牡丹の産毛に惑う蟻の足/本成美和子

日に焦げて産毛が痒し桃と腕/宮津昭彦

早乙女の耳の産毛の金色に/福田甲子雄

春光や産毛透きたる子豚の肌/大木栄子

枝豆の産毛を口にして痩せる/大石雄鬼

俳句例:21句目~

きさらぎや産毛のいろの遠木立/中村房子

産毛持つ頭にして黒く揚羽かな/山西雅子

姫むかしよもぎや稚児の金産毛/佐藤鬼房

桃の日や老婆の鼻下の産毛密/田川飛旅子

生りものを包める産毛実梅にも/高澤良一

うっすらと産毛を生やし春の家/小南千賀子

しやぼん玉産毛に触れて全うす/岡野スミ子

ぜんまいの産毛ひかりの風の媚び/河野南畦

吹かれ来て産毛ほどなる子蟷螂/片山由美子

小豆揉むうぶ毛の生ふるもの思ひ/田中裕明

予感とは桃の産毛のそよぐとき/赤田まどか

キウイ転んで輝くうぶ毛/誕生日/伊丹啓子

産毛まだ濡れゐる仔馬立ち上る/草薙津奈子

うぶ毛ありて温室の花呼吸しぬ/長谷川かな女

うぶ毛剃るや秋風樹々を吹いて居る/長谷川零餘子

産毛とれしままの野鵐の飼はれけり/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました