邪鬼を使用した俳句

邪鬼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

邪鬼を含む俳句例

花冷えて邪鬼の鼎に仏立つ/加藤耕子

白狐いや雪をんな邪鬼一瞬/大里泰照

邪鬼踏まふ四天の眼秋高し/水原春郎

踏まれいる邪鬼に届けり祭笛/森田智子

初時雨千年を経て邪鬼は邪鬼/吉田渭城

新涼や蹠みせたる踏まれ邪鬼/太田昌子

神将の踏まへし邪鬼の黴の貌/竹下陶子

深秋の邪鬼を踏みたる広目天/斉藤美津

それぞれに邪鬼が目をむき雁渡し/飴山實

みほとけも邪鬼も素足や山の風/木塚眞人

二趾の邪鬼足袋はける吾もまた/品川鈴子

煤払ふことなく邪鬼に年逝けり/山中三木

狛犬も邪鬼と睦むや雪囲して/文挟夫佐恵

腹這ひの邪鬼とともだち寒雀/正木ゆう子

踏まれゐる邪鬼につもれる春埃/野村美恵

邪鬼あをし秋暑の塵を鼻におき/桂樟蹊子

邪鬼が踏む大和盆地の暑さかな/角川春樹

邪鬼踏んで深目冴目の広目天/加藤知世子

雪の屋根重し暗しと邪鬼の声/文挟夫佐恵

山の草刈りのぼるさえ踏まれ邪鬼/和知喜八

俳句例:21句目~

年惜しむ邪鬼いつぱいに目を開き/有馬籌子

径々や邪鬼のごとくに踏まれ栗/三田きえ子

邪鬼の眼のわれを追ひくる除夜詣/松本幹雄

木枯は邪鬼も神将も吹き鳴らす/加藤知世子

秋暑しきんちやく提げる邪鬼の貌/村井清子

踏まれゐし邪鬼春光に眼をそらす/栗本洋子

雪を来て神将よりも邪鬼見たし/能村登四郎

鹿鳴くや千年踏まれし邪鬼もまた/松永泰江

うぐひすやふんと結んで邪鬼の口/夏井いつき

踏まれたる邪鬼にもさせり初日影/加藤安希子

堂守り咳き踏まるる邪鬼の泣き笑ひ/奈良文夫

身の邪鬼の息づまるまで着膨れし/能村登四郎

踏まれたる邪鬼が目をむく春寒し/小木曽かね子

踏まれたる邪鬼の上目や十三夜/七田谷まりうす

日なたぼこ邪鬼も腑抜けとなりゐたる/下鉢清子

踏まれゐる邪鬼の顔して梅雨ぐらし/文挟夫佐恵

タイトルとURLをコピーしました