絵硝子を使用した俳句

絵硝子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

絵硝子を含む俳句例

絵硝子に透けて秋風鮮かに/照子

蝸牛聖パウロの絵硝子に/細川加賀

聖堂の絵硝子密に深い夏/伊丹公子

絵硝子の藍の涼しき神学部/石田克子

永き日の絵硝子の紺そして赤/日原傳

絵硝子の聖母明るし春の雪/内藤吐天

絵ガラスの聖書物語新樹光/守屋房子

絵硝子のひかりの中へ山の蟻/朝倉和江

絵硝子の見える裏道飛ぶ天使/伊丹公子

絵硝子のやうな星出づ夕野分/朝倉和江

絵硝子の秘色をぬすむ揚羽蝶/朝倉和江

絵硝子の聖母の素足リラの花/沢木欣一

絵硝子のユダとイエズス冬旱/長谷川双

初日影透く絵硝子の聖母子像/瀬川苳喜子

水霜の絵硝子ユダを容れにけり/長谷川双

絵硝子に冬日の咲ける葬儀ミサ/大石悦子

絵硝子に秋磔像の肉ひかる/鍵和田ゆう子

絵硝子の一色の寒すみれ買ふ/神尾久美子

絵硝子の外は枯葉のしきり降る/丹羽好岳

絵硝子の彩染む木椅子露けしや/内藤吐天

俳句例:21句目~

絵硝子の日にやすらへり冬の蝶/一瀬昭子

絵硝子の羊まどろむクリスマス/大島民郎

切凧の絵硝子打ちて落ちにけり/小西藤満

絵ガラスのマリアにふれて桜散る/杉本寛

絵ガラスの紅に溶けたる海紅豆/木内岳南

絵硝子にまどろむ蛾あり神父留守/大島民郎

残雪へ絵硝子を見しあとの飢ゑ/田川飛旅子

受難日の絵硝子のほか燭も消え/八牧美喜子

聖夜の燭絵硝子わづか浮かびけり/小池文子

ひとり祷る絵硝子つるべ落しかな/出口孤城

絵硝子の初日に頬を染めてミサ/水田むつみ

絵硝子に百合に木椅子の固からず/桂樟蹊子

オルガンに絵硝子の夏日灯と紛ふ/殿村菟絲子

聖絵硝子涼しゆかりはさだめへと/平井さち子

絵ガラスのひと色が好き赤とんぼ/北川みよ子

絵硝子のイエスも梅雨に入りにけり/細川加賀

タイトルとURLをコピーしました