下界を使用した俳句

下界に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

下界を含む俳句例

行雁や下界の雀藁啣へ/百合山羽公

山開き下界は雲に覆はれて/永田照子

暑き日の證下界に光るもの/山口誓子

曼珠沙華下界を眺め手弁当/上柳克夫

那智滝の巌頭に佇ち青下界/角川源義

お父さん下界の花が見えますか/堀恭子

待宵の下界何やらざわめきて/山田閏子

秋風や下界の雲をかきまぜる/正岡子規

雲海の切れ目に暗き下界見ゆ/原子公平

かなかなや雲水帰る下界より/百合山羽公

山の小屋下界にはたた神が鳴る/志賀自朗

焚火踏み遺す下界へ還らねば/上田五千石

銀河澄む造船夜業下界のこと/五十嵐播水

頬に初日下界を愛する郵便夫/磯貝碧蹄館

しら雲を下界の蚊帳に釣る夜かな/山口素堂

山ざくら遽か下界といふものあり/高澤良一

蟻一つ居ぬ下界と見えて不二涼し/正岡子規

下界はやみつばうまくて知人働らく/阿部完市

夜の帳にささめき尽きし星の今を下界の人の鬢のほつれよ/与謝野晶子

タイトルとURLをコピーしました