土偶を使用した俳句

土偶に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

土偶を含む俳句例

青北風や土偶三千年の黙/矢野忠男

囀や土偶に逞しき乳房/染谷佳之子

遮光器土偶がふつと初笑/大森知子

お藷蒸す土偶体形疎んずも/高澤良一

爽籟や土偶どれにも臍の穴/有馬朗人

土偶には土偶の使命草の花/梅本幸子

菜の花や孕み土偶の深眠り/大森和子

腿太き土偶に割れ目豊の秋/矢島渚男

五千年も妊みて土偶緑さす/北川英子

秋風に飛出て安き土偶の臍/野澤節子

優曇華や土偶の顔は皆笑ひ/宮坂静生

星流れ土偶の眼より波の音/菅野茂甚

山笑ふ土偶のやうに妊婦われ/仙田洋子

月の出や女体土偶の身籠れる/辻美奈子

縄文のみみづく土偶の口寒き/石原八束

縄文土偶の乳房小さし春浅し/近藤一郎

人類の旬の土偶のおっぱいよ/池田澄子

凍土もて間牒土偶の鼻こねり/石塚友二

春寒く土偶のごとき欠伸して/行方克己

この秋も会いに無名の土偶の眼/対馬康子

俳句例:21句目~

土偶見し眼にたたなはる雲の峯/高澤良一

根城址にゆかりの土偶秋時雨/苫米地古北

花冷えや火に洗はれし土偶の肌/野澤節子

蝉しぐれおーいと縄文土偶の子/岡崎万寿

父に似て母に似て土偶夏痩せぬ/宮坂静生

闇のほか土偶は知らず母子草/柴田三津雄

ひなげしや土偶の乳房に指の跡/大木あまり

みな古き世の色まとふしぐれ土偶/吉野義子

みひらきて秋の翳濃き土偶の目/平井伊都子

向日葵は灼けて土偶のおほらかさ/高澤良一

日鼻凍む土偶になせり愛しくてか/宮津昭彦

涼しさの火より生れし土偶かな/小池きく江

胎の子に手を置く土偶あたたかし/林ゐづ子

土偶の雛目鼻もわかず笑み給ふ/加倉井秋を

土偶みな掌に乗り土用東風/廣瀬直人「朝の川」

芽立ち時土偶のかけらじゃがいもも/尾田秀三郎

春みぞれ土偶は四肢を張りづめに/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました