愛憎を使用した俳句

愛憎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

愛憎を含む俳句例

愛憎や鮭雑炊の塩加減/上村占

愛憎のかくて眩しき翁草/石昌子

人形に愛憎すこし冬籠/後藤夜半

愛憎の夢も現も行秋ぞ/小畑一天

愛憎の炎我にも鵙猛る/柴田奈美

愛憎を母に放ちて秋に入る/桂信子

愛憎や卓上に吹く虎落笛/塚本邦雄

愛憎の誰彼とほし初蚊遣/伊藤孝一

草笛や愛憎愛の方へ吹く/本多静江

明易や愛憎いづれ罪深き/西村和子

愛憎やたぐれば逃ぐる毛糸玉/三須操

愛憎の果ての夜桜見て歩く/小林康治

愛憎の満ちて白玉だけ残る/対馬康子

愛憎の起伏なき日や柿吊す/仙田洋子

愛憎はこころの要いわし雲/篝ゆう子

愛憎は紙一重なり罌粟の花/桑野英彦

カンナ朱に神の愛憎いづれなる/岡本眸

グラヂオラス妻は愛憎鮮烈に/日野草城

初髪に愛憎淡くなりしかな/石田いづみ

山椒の実噛み愛憎の身の細り/清水径子

俳句例:21句目~

愛憎は蠅打つて蟻に与へけり/子規句集

愛憎の果ての寒さの見え来る/氷高/爽

愛憎や指に振子のさくらんぼ/山本花山

愛憎のいづれたてつづけに草矢/長田等

枯菊になほ愛憎や紅と黄と/久保より江

河豚煮るやひとり呟く愛憎言/石田波郷

河豚鍋や愛憎の憎煮えたぎり/西東三鬼

愛憎がはげしく足は癒えざりし/三谷昭

きりぎりす愛憎二つながら憂し/川口重美

愛憎のかくて薄るる単衣かな/鈴木真砂女

愛憎に耽りし爐をば閉ぢにけり/吉屋信子

愛憎にとほく薄氷見つめをり/つじ加代子

菊なます愛憎つねに表裏なす/稲垣きくの

子の中の愛憎淋し天瓜粉/高野素十「雪片」

愛憎の渦巻く蚊帳は静閑に/北山河「山河」

つくるよりはや愛憎の木の実独楽/橋本多佳子

蝉の朝愛憎は悉く我に還る/石田波郷「鶴の眼」

愛憎一つのドアに二つの鍵を持ち合う/日向野秀策

タイトルとURLをコピーしました