月面を使用した俳句

月面に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

月面を含む俳句例

荒涼と月面の景蟻地獄/瀧春一

舳なる提灯躍る月の面/野村泊月

菜の花や東方の月面宙返り/仁平勝

月面に人の足痕地球灼く/石塚友二

月の面に風の彩ある風の盆/岡本眸

月面に寒雁の翳かゝりけり/原石鼎

月面に怨少し見ゆ慰みつ/永田耕衣

月仰ぐ月の面より風来たり/上野泰

霧雨に濡れたる月の面かな/滝青佳

月面に人游歩せり氷菓食ぶ/細川加賀

仲秋の月の面を降る葉かな/野村喜舟

月の面に蓮高々と舟進む/五十嵐播水

月の面に蝙蝠々かかりけり/西山泊雲

秋の蚊の遁るゝ月の面かな/石塚友二

輝きてすれ違ふ雲や月の面/西山泊雲

陵を出し白鷺一つ月の面を/山本梅史

寒ゆるむ月面顔を照らすなり/飯田蛇笏

月面に木の葉散る見ゆ風強し/西山泊雲

月面を照らすぼくらの太陽よ/桑原三郎

はなやぎて月の面にかかる雲/高浜虚子

俳句例:21句目~

十六夜の月の面を照らすもの/後藤夜半

唐黍の一葉かへりぬ月の面/池内友次郎

干竿やとぶ蚊きらめき月の面/西山泊雲

月の面に影してふるや春の雪/鈴木花蓑

月の面に芒の糸の乱れけり/高橋淡路女

月の面にこまごまと葉や釣忍/富安風生

月の面の梢はなるゝ落花かな/田村木国

月の面に引き流したる鶴の脚/大橋敦子

月の面にいぶく青炎秋に入る/飯田蛇笏

蒲団出て月面歩行のぎっくり腰/高澤良一

まこと恋を贏ち得し月の面かな/宮武寒々

噴水光り月の水の面の鳥眠れる/原田種茅

胡麻咲いて薄雲はしる月の面/柴田白葉女

月の面に諸手舞はせて縄なへる/両角竹舟郎

蛙鳴くや月の田の面をさざめかし/西山泊雲

月の面にかゝりし鴨の撃たれけり/藤原たかを

月の面の割るるばかりに照らしをり/萩野あき江

月の面をかすめて飛べるくさかげろふ/早川草一路

タイトルとURLをコピーしました