波紋を使用した俳句

波紋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波紋を含む俳句例

川の鼻出す波紋油照/高井北杜

江東区は存して秋の雨波紋/太穂

原稿紙白し蝉声波紋なす/野澤節子

大香炉に青海波紋寒潮/中戸川朝人

流れ来るものに波紋や五月川/原石鼎

昼顔や流沙の波紋金に炎ゆ/石原八束

卵塔の石に涼しき波紋あり/平井照敏

涸谷の石の波紋や秋の蛇/殿村菟絲子

春夕焼星の生るる波紋見ゆ/橋本鶏二

春夕空星の生るる波紋見ゆ/橋本鶏二

芭蕉林波紋をかもす鼈あり/飯田蛇笏

落椿波紋をさまり流れそむ/福田蓼汀

裸子ら闇に没して闇に波紋/香西照雄

鮭の稚池抽象形に波紋湧く/伊丹公子

鱒がいて苔の波紋の樅の国/和知喜八

鴛鴦二つ波紋を曲げて進みけり/年尾

かなかなの光の波紋風に乗る/鈴木幸江

ひと言の波紋となれり杉の花/小島多美

ひと蹴りの波紋ひろげて水馬/大竹裕子

人の顔に波紋のかげる秋西日/石原八束

俳句例:21句目~

全身の水の波紋や除夜の鐘/宮川としを

枯蘆の川わかれゆく波紋あり/斉藤夏風

湖の面を波紋細かに霧降りぬ/高濱年尾

萩の枯れ文一行にたつ波紋/河野多希女

鳰残す波紋に倦くよ死者忘れ/香西照雄

蟇の波紋かりそめならぬ砲音ぞ/成田千空

鴛鴦二匹波紋を曲げて進みけり/高濱年尾

風紋に波紋つらなり浜の秋/佐々木ちてき

冬菜洗ふ波紋を交はし嫁どうし/成田千空

息ながき朝の波紋やさくら濃し/倉橋羊村

椿落つたびの波紋を見てをりぬ/結城昌治

波紋曲げてすゝむ目高や苗代水/西山泊雲

帰省子の投げてゆきたる一波紋/藤崎美枝子

留守の婢涼し磨きて木目波紋めく/香西照雄

隠岐枯れて空の波紋をたたみくる/石原八束

紅茶の波紋女王の名授かる州都にて/伊丹公子

軽鳧の子の小さき波紋ひろがれり/福地はま子

うらゝかや波紋の中の猫の舌/冬の土宮林菫哉

タイトルとURLをコピーしました