波止場を使用した俳句

波止場に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波止場を含む俳句例

島の鞆の波止場の床几かな/皆吉爽雨

月青き波止場の猫の会議かな/眞鍋呉夫

すずしさや波止場の月に旅衣/飯田蛇笏

冬の波冬の波止場に来て返す/加藤郁乎

南風や波止場の好きな赤い髪/加藤高治

寒明けの波止場に磨く旅の靴/沢木欣一

春昼の波止場へつづく馬ぐるま/瀧春一

老皺を繰りこむ波止場原爆忌/熊谷愛子

鈴懸の花に月の澄む波止場街/鈴木昭夫

いわし雲メリケン波止場修復す/斉藤敬子

南風ふく波止場に雲のたゞよへり/上村占

波止場まで来てゐる山車や浦祭/土屋仙之

獅子舞が波止場の舟に稼ぎ抜く/河野南畦

老移民波止場の寒の水を飲む/伊丹三樹彦

菊売女朝の波止場に来てゐたる/高濱年尾

なすな恋波止場のケーキ評論家/徳重千恵子

寒し愛は波止場渡しということに/池田澄子

春ショール春の波止場に来て帰る/攝津幸彦

炎天に牛吊られをる波止場かな/山口耕太郎

秋の蛾の舞ふ波止場なり君を待つ/高塚圭子

俳句例:21句目~

いつよりのメリケン波止場小鳥来る/鈴木圭子

まんぼうを揚げし波止場の日永かな/細川加賀

みどり子の頬突く五月の波止場にて/西東三鬼

ベンチみな波止場に向けり夏帽子/井野キミ子

波止場の光に老い深くなる俥夫と幌/伊丹公子

波止場見にある日斑雪の丘に佇つ/稲垣きくの

紅卯木波止場に咲きて散りやすく/加倉井秋を

波止場で尽く彷徨雲はラマのようで/伊丹三樹彦

火の島の夾竹桃の咲く波止場/保坂伸秋「微光」

窓開ければメリケン波止場灯のおぼろ/高澤良一

おでんやのうしろに夜の波止場あり/鮫島春潮子

輸送船はかなし波止場の波の塵あくた/栗林一石路

波止場の焚火火の粉はみんな海に降る/田川飛旅子

噛みタバコの唾吐いて波止場で老いゆく/下山英太郎

杖の古老曰く島を出るため波止場はある/伊丹三樹彦

タイトルとURLをコピーしました